パート3,4の先読み最適化に向けた取り組み (統計データたたき台取得編)

今回はパート3の話に限定しております。

TOEIC新型式の公式系の模試は現在のところ・・・
自分が持っているのは8セットだと思っております。

公式実践書5セット (日本の公式問題集2冊分を含む)
公式総合書 1セット (最終テストのみ)
公式入門書 1セット (最終テストのみ)
ETS official guide 1セット

まずは公式系から統計データを採取してそこからいろいろ派生していければ
よろしいかなと思っておりますので・・・

これらの本のパート3の全設問の中で、
意図問題と図表問題を除いた272問を対象に分析を行っております。

公式総合書と公式入門書は途中にも問題が結構あるので、
それもかき集めたらもうちょっと情報が得られるかもしれませんが、
今回はそこまで行っておりません。

あと、重複問題が何問かありますが、
今回はダブルカウントしています。
(どちらにしてもそんな影響ないです)


さっそくですが全272問中の内訳ですが、
まずは疑問詞で分類した場合です。

①What (なに?)で始まる設問 = 180問 (What ◯◯やWhat type of ◯◯は除く)
②Whyで始まる設問 = 27問
③Whereで始まる設問 = 16問
④Whoで始まる設問 = 11問
⑤Whenで始まる設問 = 5問
⑥Howで始まる設問 = 3問
⑦How ◯◯で始まる設問 = 1問
⑧What ◯◯やWhat type of ◯◯で始まる設問 = 29問
うち
What problem = 8問
What information = 4問
What event or What type of event = 3問
What type of business or work = 3問
その他What ◯◯ or What type of ◯◯ = 11問

当たり前なんですが、
こうやって整理してしまうとなんだこんなもんかって
わかりやすくイメージ出来てしまいます。

んまあそれは個人的にはどうでも良くて、
特筆すべきは疑問詞の発生比率ですね。

Whatが異常に多いことが確認できております。
ここまで大差だとはこれをやってみるまではあまり実感できなかったことです。


次に、主語で分類した場合です。

①man or woman = 185問
②speakers or men or women = 32問
③What = 14問 (設問の文法上の主語としてWhatが使われているもの)
④conversation = 9問 (会話はどこで行われている? or 会話は何について?のみ)
⑤~さん(固有名詞) = 7問 (話者の場合も第三者の場合もあるので分けた)
⑥problem = 5問 (問題は何か?のみ)
⑦その他の物や事に準じるもの = 13問
⑧その他人や組織に準じるもの = 7問

こちらも疑問詞で分類した場合以上にはっきりしています。

当たり前っちゃ当たり前なのですが、
話者が主語になっていることがほとんどです。
でもここまで大差だとは意外とイメージ出来ないもんですね。

とまあ、とりあえずまだデータを集めただけの段階で、
これらをどう応用して行こうかと言うのはまだ50%くらいしかまとまっておりませんので、
後日また展開致しますm(_ _)m

言えることはWhatと話者の組み合わせの設問が圧倒的に多いので
その設問で聞くことを妨げないように脳内に留める方法をまずは確立することかと思ってまして、
その辺りの掘り下げ分析を行っております。


というわけで続きはまた・・・いつや?
(まとまらなかったらボツネタです悪しからず・・・orz



忘れてましたすみません。
miyaさんとRIEさんに頂いたものです。
NASAのペン?とインドのお菓子(今回はたぶん完成品)
と私の大好きなチョコレートです
IMG_3343.jpg


参考までに完成前の材料も再掲しておきます

IMG_3318.jpg

IMG_3321.jpg

IMG_3322.jpg
スポンサーサイト

パート3,4の先読み最適化に向けた取り組み (新規課題抽出と目標設定)

昨晩飲み過ぎたせいか足がつって起きましたおはようございます。
(朝っぱらからいって~わ!(T_T)

さて本日はリスニングのお話です。
突然ですが、TOEICのパート3,4において
先読みするメリットとデメリットを何の前触れもなく挙げさせて頂きますと・・・

メリット
聞きながら回答ができる。
というか答えがわかった瞬間に答えをマークすることができる。
ないし、指で問題用紙の答えを押さえることができる←当方はこのやり方
この方法は、最大限聞くことを妨げることなく設問と選択肢を読んで
意味を把握できる時間が早ければ早いほどメリットとなる


デメリット
音声と選択肢を照合している間に次の設問の根拠を読まれてしまい、
次の問題を落とす可能性がある(←全問に近い正解を目指すのならかなりのリスク)
そもそも設問と選択肢を目で追いながら聞くと詳細を聞き逃してしまうことがある気がする
(要はきちんと設問と選択肢の意味を把握しながらきちんと聞くことは極めて難しい)
そのうち3/4は無駄な情報を読まされている。
それによって話の流れが騙されることはないが、集中力は散漫になる。


先読みを全くしない場合のメリットとデメリットも簡単におさらいしておこう

メリット
音声に集中してきちんと聞くことができる。
この方法は会話を聞いてうまく要点や会話の流れを押さえて記憶できるほどメリットとなる。

デメリット
ある程度の暗記をしている必要がある。
しかもかなりの無駄な情報を記憶させられるハメになる。
(短期記憶障害のオレみたいな人間にはちとどころじゃなくきつい・・・(-_-)


先読みしない方法のデメリットがあまりに自分にとっては痛すぎるため、
当然のごとく設問(選択肢も含め)先読みを行なっているが、
目でいろいろ追っていることによって聞く集中力が減少することや
無駄な情報を読まされている影響が皆無ではないのが実情である。

また、そもそも設問はともかく選択肢まで先読みすることのメリットが
いまいち自分の中では薄い気がしていたのでずっと半信半疑な思いは持っていました。

個人的には選択肢を一度読んでおく理由は、
瞬時にその選択肢の意味が把握できるかできないかを判断し、
把握できなかったらちゃんと意味を考えて
本文が読まれた時には全選択肢の意味を瞬時に理解できるように準備しておくことだと思います。
決して選択肢を記憶しているわけではない。



と、しばらく前に新たな方法論を聞く機会が出来た。

設問だけを記憶して(ないしチラ見程度で)聞くというものである。

なるほどこれなら目から入ってくる(一部は無駄な)情報による、
聞く集中力低下が起きないというメリットがある。
聞いてる間に選択肢と照合する必要もなくその間に次の解答根拠が読まれるなどということはない。

が、当然そんなうまい話などあるはずもなく、
この方法も当然ながら課題が山積みなのは言うまでもない。
(が、言う)


①まずは設問を記憶せねばならない。
ここが出来ないとこの方法は破綻するし、そう簡単なことではないが
ここ4日ほどデータ分析を行なっているので、後日ブログで結果を報告致します。(まだ途中)
(うまく結論づけられない場合はこの話はなかったことに(^^;;

②ストーリーや詳細な部分をある程度記憶する必要がある(?)
この方法をやったことがないのでわからないが、
本文のストーリーや詳細な部分を記憶しないといけないんじゃないかという可能性がある。
が、おそらくストーリー全体を記憶しなくとも設問と紐付けされる箇所のみ記憶してればいい気はする。
設問をあまり苦労もなく記憶出来るのであれば自分の頭の中だけで解答は見つけられるかもしれない。
(これはデータ分析対象その2として後日分析したいと思ってはいます・・・が(^^;;

③設問記憶に注力することによる集中力散漫
これも上と同じで設問をあまり苦労なく記憶出来るのであれば要は慣れれば問題ないと考えている。
少なくとも目で追うよりは集中力が削られることはないだろう。

④本文が読み終えられてから記憶と選択肢を照合するので先読み時間が減る
これについては先読み時間が通常先読みの時間より短いため問題なし


ここでこの方法を行うにあたりクリアしなければいけない目標(というか前提条件)が最低2つ見えました。
一つ目は設問を負荷なく記憶する。もしくはチラ見程度で瞬時に理解できるようにすること。
二つ目は本文のストーリーまたは詳細な部分を記憶にうまく保持すること。


一つ目については現在データ分析を行っています。
すでに3,4日やってますが進捗は悪いです・・・m(_ _)m
たぶんこれまでの感じだとトレーニングすれば可能な気はしてますが、
feasibilityが低そうだったらこのネタはボツにします(笑)
少なくともこちらについてはもし出来たら従来方法の全先読み法でも使えるものになると考えています。

二つ目についてはこの話を聞いた人にいろいろもう少し掘り下げて聞いてみたいとは思ってますが、
まず上の実現可能性を調べてから分析、という形にしようと思います。←たぶんしないんじゃ?(笑)


というわけで一つ目についてあと数日~3週間程度(もしくは無期限)お待ちください・・・m(_ _)m


同時に、この研究結果を証明するためにはそもそものリスニング能力を
保持してないといけないため、最近は結構聞きまくっていて(聞いてるだけだけど)、
いつでも臨床実験できるようにしておこうかと思います。
あわよくば来月リスニング495取れたらいいなという気持ちもあり・・・←甘い!

パート3,4 グラフィック対策 その④ (韓国の公式実践TEST4)

もう個人的にはだいぶネタが出尽くされた感があるのでそろそろ飽きてきたし、
ブログ読んでるみなさんももうだいぶわかってきたと思うのですが、
中途半端もあれなんでとりあえず公式くらいは検討しときましょか。


●パート3

①問目(ドライクリーニングの価格表。生地と値段)
cotton 7ドル
wool 9ドル
mixed synthetics 10ドル
silk 12ドル


・設問
 ドレスは何で出来ているか?
 上記4つの生地名が羅列

・先読み時の予想
 選択肢が生地の名前なので、値段が読み上げられる。
 
 実際この問題は「12ドルになります。」と最初に出て来るが、あとで、
 「7ドルからじゃねえの?」とかオレたちを惑わすことを追記してきます。
 結局「素材によって違うんやねん」というオチで終わるんだが、
 この問題はグラフィック問題でも今まで同様に紛らわしい誤答選択肢を
 本文中で読み上げてくれるんだと教えてくれた問題である。
 文脈をきちんと考えながら聞くことが必要(←八島先生の話以降、最近こればっかりm(_ _)m


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 リストの間違いや変更、特別なイベント等がある場合がある可能性があるので注意。
 たぶんこの手の問題ではないと思うが。
 



②問目(ジャズバンドのコンサートのチケットかな?)
SHOWTIME 6:30
DOORS OPEN 5:30
FRIDAY, MARCH 27


・設問
 男はいつコンサートホールに到着するか?
 (A)5:30
 (B)6:00
 (C)6:30
 (D)7:00

・先読み時の予想
 SHOWTIMEの時間かDOORS OPENの時間かについてきちんと聞いて置く。
 もちろんSHOWTIMEとDOORS OPENに対応する別の表現をざっくり想像しておく。
 さらに言うと、選択肢を見て容易に想像つくが、
 上記の時間の何分前/何分後というワードが出て来る可能性があるのでそれを意識して聞く。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 この問題は特に特記事項なしかな。
 男が行く時間に注意して聞くことが大事ですかね。
 他の人が何時に行くとかいうひっかけはありえそう。



●パート4

①問目(レシート)
寿司 160ドル
ご飯と鶏肉 140ドル
パスタ 135ドル
フルーツ詰め合わせ 50ドル


・設問
 女はいくらrefundされるか?
 (A)160ドル
 (B)140ドル
 (C)135ドル
 (D)50ドル

・先読み時の予想
 refundされる品物に注意して聞こう
 この問題は「パスタのrefundが受けられるか確認したい」とはっきり言ってるので楽勝。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 レシートのミスプリとか平気で起こり得そうなふざけた世界なのでその辺は注意点。
 あとは受け手側のミスなどでfull refundではない可能性があるので(例えば半額だけとか)、
 その辺は将来の問題としてありえそうだと思います。
 あとは2品以上のrefundで合計の数字を選ばせるとか。んま、あんまないと思うけど。



②問目(今後導入したいソフトウェアの選択肢)
Option1 450ドル バックアップシステム有
Option2 350ドル 無し
Option3 450ドル 無し
Option4 500ドル 無し


・設問
 話者はどのオプションを推薦しているか?
 オプション1,2,3,4


・先読み時の予想
 1,2,3,4の特徴をざっくり押さえておくだけでOK
 この問題は値段とバックアップシステムの有無だけなので覚えるのはたやすい。
 特に1,3は値段が同じことに注目しておく。
 
 この問題では「バックアップシステム有が一つしかないからオススメやで」
 って言っちゃってるからそこだけでわかってしまう問題。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 「バックアップシステムはいらねえよ~」+「予算は400ドル以下だからな~」
 とか言う問題でも自ずと答えが1つに決まるので、
 そんな問題もありえることを認識しておく。
 「450ドルのモデルが良さそうだけど~・・・バックアップシステムはいらないかな」
 とかいう問題とかいろいろ表自体は使いまわせますね(笑)
 「バックアップシステムはどっちがええんかなあ・・・あった方がええんかもなあ・・・
 とりあえず予算余りまくってるから一番高いの買っておいて、後でバックアップシステム
 つけることもできそうだからそうしようか?」とかね。



③問目(トレーニングスケジュール)
火 Setup and basics
水 Practice Team Lunch
木 Practice
金 Practice Receive feedback

・設問
 聞き手はいつ社長と会うか?
 (A)火
 (B)水
 (C)木
 (D)金

・先読み時の予想
 社長と会う日にどのイベントがあるかを意識して聞けばOK
 火か水か金


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 この手の問題はスケジュール表の間違いがある可能性があるのでそこは注意。
 あとはイベントの数にも注意が必要ですね。
 「この日はイベントが1つしかないからちょうど良かったわ(#^.^#)」
 とか言う文言で切り分けられる可能性もあるかと思います。



このセットは問題自体は予想しやすい、易しいものが多かったセットだった気がしますが、
いろいろ想像するといろいろな可能性があるなと感じたセットでもありました。
次のセットは結構面白いけど。



あー明日からまた平日
明日からの週もストレスフルな一週間になりそうなのでいやだなあ正直・・・
まあ、でも「終わってしまえばこんなもの」ってこれまでの経験でわかってるんで、
適当にやっていけば大丈夫かなあと思います←とりあえず楽観的なやつなんで(笑)


というわけで今日は品川を満喫

●VENTO 高輪店
たまにはシャレオツな店のテラス席で食べましたが、
カキとかあるみたいなんで今度いつか飲み会に使いたいところ(室内で)
一人店員のイケメンお兄ちゃんの立ち振る舞いが素晴らしくて・・・・ムカついた・・・(笑)

IMG_2861.jpg

本当は以前良く食べてたチャーハンを食べさせたかったんだけどこんなのになっちゃった・・・


●AQUA PARK SHINAGAWA
ここはイルカショーがとても良い。数々の水族館で見て来たけどダントツオススメ。
円形のステージと・・・調教師お姉ちゃんの和装が・・・(#^.^#)
館内も2年前に比べてだいぶスケールアップした。
近かったら年パスを買うレベル。
A man is flying above the water.
(TOEICにはたぶん出ません。写真では男か女かわからないから←そこかよ!)

IMG_2867.jpg



●最後はお決まりの最近ハマりもののこのシリーズの知恵の輪を3つ購入

IMG_2885.jpg



5/29のTOEIC公開テスト(新型式初)の猛省会参加の方は連絡下さい
現在のところ自分が把握している参加者数:0名

パート3,4 グラフィック対策 その③ (韓国の公式実践TEST3)

大好評の(←ほんまか?)グラフィック対策3回目です

明日から会社なので書くヒマないのでたぶんこれで終了ですorz


韓国公式実践のTEST1とTEST2は日本の公式問題集のTEST1とTEST2と同一なので、
割愛しまして、韓国の公式実践のTEST3について書きたいと思います。


本セットはなかなかいろいろなことを考えされてくれるセットですので、
個人的には必見のセットかと考えています。


日本の公式問題集のセットはパート3で3問、パート4で2問のグラフィック問題がありましたが、
このセットからパート3で2問、パート4で3問に変更されていることも
興味深いところです。


●パート3

①問目(記事とその納期のテーブル)
Exploring Sicily 3/24
Cheeses of Swetzerland 3/24
Budget Tours 4/29
Paris by Bicycle 5/5

・設問
 どの記事の〆切が変更になったか
 (A)
 (B)
 (C)
 (D)
 (選択肢は上記4つの記事の名前なので割愛)

・先読み時の予想
 選択肢が記事の名前なので、会話はまずは日付にフォーカスして聞くのが鉄則
 が、この問題は日付についての会話が言われることはありませんでした。
 もう一つ大切なことは同じ物、事、同じ状況下にあることです。
 TEST2のグラフなどもそうなのですが、同じようなところは押さえておいた方が無難な気がしています。
 この問題ではSicilyの話になったところでもう一つが怪しいと思って聞けば結果的に間違いありません。
 おそらくこのような場合は正解選択肢の記事名は読み上げられることはないでしょうからなおさらです。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 このようなテーブル問題ではほとんどの場合変更があると思ってかかった方が無難な気がしています。
 この問題では設問がすでに変更があると言ってるのでわかりやすいですが、
 設問に書いて無くても結構な確率で変更があると思って聞いていた方が良いかと思います。
 


②問目(いすの組み立て部品表かな?ニトリ?
PartA Long bolts (legs)
PartB Short bolts (seat)
PartC flat washers

・設問
 何が入ってないか(もしくはなくした?)
 (A)PartA
 (B)PartB
 (C)PartC
 (D)組立インストラクション

・先読み時の予想
 この問題はPartAだのBだのの詳細について読み上げられる可能性が高いですので、
 long bolts (legs)とかShort boltsとかが聞こえると予測して聞いてるとわかりやすいかと思います。
 インストラクションが正解になることは考えにくいのですが、
 「インストラクションはウェブ見てね」とかに発展する可能性はゼロではないと思うので、
 その辺は注意しておきたいところですかね。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 このグラフィックでは可能性はかなり少ない気はするのですが、
 TOEICの世界では簡単にミスをして「すいやせ~ん。てへぺろ」ってのが通用する世界なので、
 部品表に間違いがあることも予想されるのでその辺は注意ですね。
 あとはこの問題の部品なら誰でもわかると思いますが、
 ワッシャーの使い道とか知らない人の会話で「リング状の物が入ってない」とか
 パラフレーズされることもあるかなと思います。
 (というかPart記号と絵だけで出題されることもあるかもしれませんね)



●パート4

①問目(品目とディスカウント率の表)
パン 40%
果物 20%
缶詰 25%
穀物 30%

・設問
 目玉品のディスカウント率はなんぼや?
 (A)20%
 (B)25%
 (C)30%
 (D)40%


・先読み時の予想
 選択肢が割引率なので、目玉品の品目が言われるだろうと考える。
 おそらくいくつかの品目について言及されるだろうが、
 目玉品が何かをきちんと聞くようにする。


・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 このテーブル問題は常に変更があることを予測する。
 ただしこの設問に関しては"featured" productとなっているので、
 出題側の意図は「featuredされているものは何か」を聞き分けさせようとしてるだけだと思うので、
 あまり神経質にならなくても良い気はします。



②問目(インターネット利用時間と料金表)
30分 2$
2時間 5$
4時間 8$
6時間 10$

・設問
フライトの時間の間のインターネット利用料金はいくらか?
 (A)2$
 (B)5$
 (C)8$
 (D)10$


・先読み時の予想
 もうここまで来るとフライト時間に着目していればいいだけとわかってきた方も多いかと思います。
 ただし、TOEICの世界ではフライトはdelayするのが常なので、
 実際のフライト時間とその場合の料金がどうなるかについてはきちんと理解しながら
 聞いていかないといけないことになります。

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 先ほど書いたdelayについてが一番注意すべきかなと思います。
 その場合フライトが伸びたことでその分を客に負担させるか延長分は取らないかを聞き分ける。
 その日だけの特別ディスカウントが適用されている場合も考えられるのでそこも注意する。
 何か別のオプションをつけると2$増しになる。とかね。


③問目(マーケットシェアのパイチャート)
55% Sylkview Studios
20% DTQ and Co.
17% Entertainable
8% Cube 9

・設問
話してはどの会社で働いているか
 (A)
 (B)
 (C)
 (D)
 (上記4つの会社名なので割愛)

・先読み時の予想
 グラフの問題の鉄則はTEST2にあったように一番上位と下位に絞ることが鉄則だ
 とは思ってるんですが、このように全く設問が無機質で選択肢も同列の物が並んでいる場合には
 何について話されるか全く予測できないことが考えられることがわかりました。
 これは頭の片隅に置いておかねばならない事実だと思います。

 この場合はまずは数字に着目してみるのが第一かなと思います。
 あとは上位、下位、近いものを押さえておく。つまりこの問題では全部(笑)
 あとこれはたぶん大切な考え方ですが、読み上げられた会社はおそらく正解ではないです(笑)

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 もうこの問題がだいぶ発展形な気がするのでもうおなかいっぱい



さて、このゴールデンウイークはTOEICイベント三昧でしたが、
明日からいよいよまた地獄へ戻って一人孤独に武者修行(仕事)する日が続きます。
(また明日から出勤するという覚悟はようやく先ほど決めました。←今頃か!
このゴールデンウイークでお世話になった方がたくさんいますが、
本当にありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。


あと・・・昨日のIPは勝利宣言の5分後に予想以上にボコボコにされたので
相当ダメダメですね・・・もうやめようかなほんとに(笑)


5/29のTOEIC公開テスト猛省会は開催するので
希望ある方は是非お願いしますm(_ _)m


その他のイベントについては水面下で画策していますが、
何一つ決定しておりませんし、私も今のところどこにも行く予定がありません。

誰か寂しい僕を誘って・・・(T_T)


20160508.jpg


今日は嫁ちゃんが仕事だったので娘と電車で旅に行ってました(そんな遠くないけど)
戦利品は母の日のプレゼントと知恵の輪3つだけぇ・・・
(最近このシリーズの知恵の輪にはまってまして金曜日も2つ買ったので計5つになりました)

パート3,4 グラフィック対策 その② (日本の公式TEST2)

連休飽きてきたマンです。
でも仕事はしたくありませんが(^^;;

ということで今日は嫁ちゃん(仕事)も娘(学校)もおりませんので、
朝これから歯医者へ行って(≧▽≦)
それから昼は都内のどこかでぼっち勉強の予定です(誰か休みの人おりますか)
夜はちょっとした飲み会なのですみませんm(_ _)m


リスニングは着々とこなしておりまして、
昨日は公式実践を終わらせました。
だいぶリスニングの問題をやるのに抵抗がなくなってきましたが
出来てるとは言ってません!


と言ったわけで大好評?(´Д`)?のグラフィック対策の続きです。


今日は日本公式TEST2(詳しくは書籍を買うか立ち読み願います)


●パート3

①問目(フロアレイアウト(店))
(詳細は割愛)

・設問
 (どのDisplay Areaに靴を置くと提案しているかという設問)
 (A)Area1
 (B)Area2
 (C)Area3
 (D)Area4


・先読み時の予想
 この問題は地図と同じで難問に発展する可能性はある。
 公式実践にも同じような問題があるが、この手の問題は特徴的な場所を押さえる
 もしくは、選択肢の場所の特徴を押さえることが得策な気がしてきています。
 例えば、このレイアウトで一番特徴的なのがArea3です。
 それはいろんな物体に近いからです。
 もしくは各エリアでざっくり以下のような印象を持っておきます。
 ・Display Area1 = Resisterのすぐ横、入り口から一番遠い(←これはたぶんない)
 ・Display Area2 = (たぶん正解じゃない(笑))
 ・Display Area3 = Fitting roomの近く、Window displayの近く
 ・Display Area4 = 入口の目の前

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 この問題もそうだが、会話中で場所の変更に相当するものに惑わされないようにする。
 この会話では女性の提案が先にあるが、設問は男性の提案なので、
 後で言われる男性の提案を意識して聞く。
 選択肢以外の物体の会話中での変更も将来的には気にしたいところだが、
 たぶんそこまで複雑な問題は公開テストではそんなめったには出ないのではないかという個人の推測。
 (例えばこのグラフィックだったら、Registerを入り口あたりに持って来てあーだこーだ言う問題とか)



②問目(成分表)
1食あたり200グラム
カロリー150
脂質:5g
タンパク質:11g
糖質:32g
ナトリウム:40mg

・設問
 男が懸念している成分はどれ?
 (A)脂質
 (B)タンパク質
 (C)糖質
 (D)ナトリウム


・先読み時の予想
 たぶんこの手の問題は難しくない。
 この問題も選択肢にない数字の方が読み上げられると推測。
 会話中には正解の「糖質」や「砂糖」という言葉は一切出て来ないが
 この会話では「甘いもの」というほのめかし単語に置き換わっている。

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 成分表ではあまりありえないが表問題(テーブル問題)は誤記や変更が会話中に
 起こる可能性が高い(と感じている)のでそこは常に注意。
 


③問目(クーポン)
50ドル以上の衣類のお買い上げで15ドル引き
有効期限5/8

・設問
 なぜクーポンは受け付けられないか?
 (A)有効期限切れ
 (B)別の売り場用
 (C)店長の承認が必要
 (D)50ドル以上買わんといかん

・先読み時の予想
 クーポンの問題はおそらく易しい場合が多いと推測
 設問が「なぜ受け付けられないか?」なので、
 かなりの確率で50ドル買ってないか、有効期限を過ぎているかどちらかである。
 なので「いくら買ったか」と「今日がいつか」をきちんと聞くことが大切。
 (結構難しいけどね)
 いちおうデパート名も確認した方が良いと思うがたぶんそこでrejectは問題としては考えにくい。

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 日付やいくら買ったか?については最初の方にさりげなく言う場合も考えられるので
 易しめと書いたとはいえ、聞き逃すとほぼ終わりです。
 あとはTEST1の最初の問題と同じで、クーポンの場合は
 「いくら買うと/何を買うと→いくらの割引がされる」という問題も多そうなので、
 条件となりそうなところは注視した方がよいですね。



●パート4

①問目(注文書のテーブル)
注文書No 489275
顧客:Pennington Tech
サンドイッチトレー:2個
グリーンサラダボウル:3個
フルーツジュース:15個
皿と食器:20個

・設問
 どの数量が正確でなくなっていますか?
 (A)2
 (B)3
 (C)15
 (D)20


・先読み時の予想
 設問が「どれかの数量が正確でない」で選択肢が「数量」なので、
 数量はおそらく会話中には出て来ず、
 どれかの品目の数が変更になる。と読み上げられると推測。

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 例えば「注文した皿と食器の数はいくつですか」という問ならば、
 会話中で数が間違っている、もしくはこれとこれの数量があべこべになっているわよ。
 という類の会話が読み上げられると考えられる。



②問目(棒グラフ)
割愛

・設問
 何について話し合うか(グラフの4つの項目について選択肢)
 (A)
 (B)
 (C)
 (D)


・先読み時の予想
 このグラフも特徴的なところの項目名を押さえる。
 例えば、一番優れているところとか、一番ダメなところ。
 この問題は一番ダメなのが明白すぎるのでおそらくそこなのはわかるが・・・(笑)
 または、グラフの縦軸の数字が解答根拠になる可能性があるので、
 ざっくりとした数字は押さえておく。(小数点以下まで覚える必要はないが)
 あとは近接した部分も記憶しておくと良いと思う(後述)

・その他(このグラフィックを使った発展問題など)
 とはいえ、公式実践では3番目に高い項目名が正解になった問題があるので、
 近接している2つ(以上)の項目があることを認識しておくことも大切かなと。
 例えば、Aという項目とBという項目があったとして、
 正解がAというときに、Bのことばかり会話で話していて、
 「なんとかBを出し抜いてやらんと」とかいう問題とか、
 AとBが全く同じ数字の時でAが正解で、設問が「将来どの数字が一番になるかもしれないですか?」
 というような設問の時、
 「今はBは少し優先順位を下げる」とかそういうキーワードが読み上げられる。とか。
 (↑この辺りは公式実践TEST3が面白いですのでのちほど)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。