TOEIC L&R TEST パート1・2特急難化対策ドリル (+TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリルもゲット)

この前の土曜日に2冊買いました。

最近実はリスニングばかりやっているので、ここへ来てこの2冊は大感謝です。

IMG_3707.jpg
ついでに公式問題集の2も買いました
あと、前回の公開テストの時に止まっていて冷汗を書いた腕時計を購入(948円)
あと周期表の下敷きをゲット!

IMG_3708.jpg
なんと裏には原子記号と原子量、融点、沸点、密度、特徴まで書いております。
池袋の東急ハンズで見つけて速攻買い!

IMG_3709.jpg
あと、こんなパズルまで買ってしまいました(5600円)
娘とのパズルの時間(プライスレス)・・・まだ1回15分程度しかやってないが・・・


というわけで、
今回はパート1・2の方をやってみたということと、
そろそろブログ書かないとヤバイということで書いております。
(本当は書いてる時間などないんですが・・・これは仕事なんでね(´Д`)

以前、旧型式の時にこれの旧版のパート1・2特急を買った記憶があるのですが、
捨ててはないと思うんですが実家かどこかに行ったのか、家では見つからないのですが、
自分の記憶している限り、ほとんどが旧版の問題に
新型式ライクな25問を最後に追加しただけなのかなと感じております。
(間違ってたらすみません)

余談ですが、
新TOEIC TEST パート1・2特急II 出る問 難問200
も旧版のパート1・2特急の次に難問編として出版されております。
(こちらもすごくオススメです)


というわけでほとんどが旧版と同じ問題だと思うのですが、
本がどこに行ったかもわからない状況ですので、
今回新たな気持ちで取り組むことが出来ました。


後半に新型式ライクな25問が追加されておりますが、
この本全体として新型式っぽいなと感じた問題たちを列挙します。

全てパート2の話です

ドリル2-8
一瞬会話が成り立ってないように感じる

ドリル2-11
正解選択肢のwasの後に何が続くか一瞬でわからないと難しそう

ドリル3-5
会話の状況が少し掴みにくいと思います

ドリル4-15
買いましたよね?⇒無料だと思っていた(=買ってない)と一瞬で判断するのが難しい

ドリル5-2
話の対象がすり替わっている

ドリル5-9
話者がこれからどこかに行く状況をすぐに想像せねばならない

ドリル6-12
この問題はわかりやすいが、問題として面白いと思いました

ドリル8-6
時制を間違えると誤答を選んでしまうかも

ドリル8-15
問題としてはできるかもしれないが応答がいい加減すぎて(笑)悩ましい

ドリル9-5
これもwasの後に何が省略されているかわからないと難しい

ドリル9-13
他の選択肢がどれも魅力的

ドリル9-14
問題は聞こえればそこまで難しくないですが、changeはかつて話題になりましたね

ドリル10-13
weekendをきちんと認識してないとone day or bothの意味が全く分からない

難問ドリル
1 満足=承認
5 会話の状況がつかみにくい
6 交渉するために会うということが瞬時に判断できないと難しい
7 (B)が魅力的すぎるがallが×
8 話の流れがつかみにくい
10 ウェブで連絡することが理解できないと難しい
12 部屋の大きさで呼ぶ人数をほのめかしている
13 すでに終わっている⇒良い考えではなくない
14 引っ越してきたばかりだからこの辺のことは知らないという意図が瞬時にわかりにくい
17 「良く見てみろ!当たり前だろ!」的な意図が含まれている。意図がわからないと難しすぎる
20 他の手段にすり替わられている
22 着ているものから場所へ話題の対象が変わっているので難しい
25 これは会話の状況が少し難しすぎると思います


というわけでさらっと感想を書きましたが、
もう少しきちんと聞いて倍速で英語のまま細部まで理解できるようにしたいです。

あと
TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル
の方ですが
こちらはまだ最初の5題くらいしかやってません。

こちらは旧版を持ってないので比較はできないのですが、
パート3が明らかに新型式ですし、後半に意図問題やグラフィックもあるので、
こちらはだいぶ新型式用にバージョンチェンジした印象を持ちましたので、
毎日通勤電車の中でやり込みたいと思います。

こちらも基本はまずスクリプトを見ずに復習まで行いまして、
なるべく自分で全部再現できるように努力するような方法で
取り組みたいと思っております。


IMG_3690.jpg
池袋 大人のハンバーグ(娘同伴にて)

スポンサーサイト

TOEIC L&R テスト でる模試リーディング700問の感想と最近気付いたこと(パート7)

にわかに始まった娘の親離れにショックを受けた影響からか
2週間ほど前はインフルエンザにかかってしまい、
その次の週(先週)は仕事でボコボコにされてた者ですオッスオッス!

金土日と3日連続8-9時間くらい寝たんで今日は遅くても元気です。
ようし!お父さんブログ書いちゃうぞ~!

というわけで2週間前から表題の本(画像一番右の白いの)を
1日1セット解きながら通勤しておりました。
途中インフルエンザで数日できませんでしたが、
ようやく終わりましたのでこの本の感想です。

IMG_3537.jpg

まだ復習はほとんど未了状態なので解いた感想です。
復習は今週ボチボチと進めようかいつの日かに回そうか考え中です。

全7セットを通して、総合的にこんな感じです

パート5
新型式っぽくない印象だが、
高得点者にはオススメだし自分は結構好きな感じです(← *個人の感想です)
でも正直普通の学習者には全くオススメできません。
他の本をやりましょう。
(本書は解説がないので普通に普通の学習者にはオススメできないのかもしれませんが(笑)


パート6
パート5よりはオススメです。
というか普通に普通のパート6の問題が入っていると思うので、
普通にオススメです。←何言ってんだこいつ・・・

パート7
多少難しめな印象はありますが、個人的には昨今の公開テストに比べると
かなり良い感じの難易度かなと感じました。
何気にオススメな感じです。
トマト(下画像の左下の水色のやつ)よりはちょい難だと思います。
IMG_3545.jpg


TOEIC L&R テスト でる模試リーディング700問の話に戻ると、
この本は韓国ハッカーズが出典なのは書いてあるのですが、
どうも旧型式の本から基本は持って来ているようですね。
で、新形式の問題だけ新たに追加したという感じのようです。

だからパート5はなんかレトロ調(笑)な感じがして、パート6は普通な感じ。
パート7は多少レトロで難しい文章があったのかなと思います。


さて、今年になって(あまり復習せずに)20セットくらいリーディングをやってみて
パート7について少し気づいたことがあります。

パート7の文章を読む時に
「設問になりそうな箇所を意識して本文を読む」
ように心掛ける練習をすると良い気がしてきました。

いや、ぶっちゃけそれはわかってたんだけど、
具体的にどうしたら出来るようになるかあまり実感できないままでいました。

自分はパート5はこれまである程度演習をこなしてきたので、
およそパターンがわかっているので出題ポイント等はわかることが多いのですが、
パート7も同様に演習をたくさんこなすことで本文を読んでいるうちに
出題ポイントがわかってくるようになるんじゃないか
と思ってきました。
最近復習あまりせずに解きまくってるだけですがそんなことがわかってきました。
というお話でした。

今度、演習をたくさんこなしている人に聞いてみたいと思います。


文章を皆で読んでみてどこが設問になりそうかのブレストとかやってみると面白そうですね?
面白くなさそうですかね?(;´Д`)←需要なさそうですね?

ま、いつか機会があったらやってみましょう。とりあえず一人で・・・(笑)


●ここからが本題

金土日って滅多にできない贅沢三昧をしてしまいました(猛省)

金曜日は某TOEICerさんと湯葉と豆腐
IMG_3578.jpg


土曜日はCHEESE CRAFT WORKSでチーズっ腹を体験
チーズケーキが新感覚でした!
IMG_3580.jpg

IMG_3581.jpg

IMG_3586.jpg

IMG_3588.jpg


にく
IMG_3590.jpg


日曜日はラーメン(濃厚白湯)
超濃厚白湯ファンの自分も驚くほど超濃厚でした!
IMG_3595.jpg

すし(最後は家で・・・)
IMG_3598.jpg


おかげさまで今朝、腹がピーピーいってました・・・orz
今日からは質素にやっております・・・ごめんなさい

TOEIC LR 千本ノック新型式対策 難問・ひっかけ・トリック問題編 + 猛省会の話

このシリーズ(←ブログの話ね)あまり評判は良くないみたいなのですが(^^;;、
桃色青色も書いてしまったので仕方なく続きを書きます・・・

もうしばらくブログ書かなくていいや・・・(笑)
でも今やってる全方位P5,6はかなりイイ!ので書きたいと言えば書きたい
(でも時間的に無駄なのでやっぱり書きたくない)


さ、では白帯ですね。




これは正直言っていいですね!(意味深な意味で)

1-1. over = ~よりも (これはどこかで見たことありますね!)

1-2. award O Oの語法もあるのでその受動態と間違えやすいが、
この場合は「人に物を与える」という意味なので、
意味がおかしくなるのでダメですね。
withが結果的に重要なのですが、上記のようなアプローチも必要かと

1-3. do not often = 頻繁には~しない(これもどこかで)

1-5. a varied ~(単数形)
これも自分は直接見たことないが、
ツイッターで目にしたことがあるような気がします。
various + 複数形

1-7. more than enough +複数形 = 十分すぎるほどの~

1-8. このindeedもどこかで(以下省略)

1-9. 一見どれも入ってしまいそうだが、後半のtwo companiesを見て選ぶ
こういう文脈にヒントがある問題もたくさんありますね

1-11. give O O
第4文型の直接目的語を選ばせる問題ですが、
第4文型と第5文型はしつこいほど意識して読む!(←大切な事なので何度でも

1-13. acquisitionは「買収」も大事ですが、「入手した物」とか言う意味も大事です
assumeは「引き受ける」が大事ですがこのような文章でも使えるんですね

1-17. contrary to ~ = 「~とは反対に」は良く出ますが、
be動詞の後ってのがあまりないですね。
大した差ではないがこういうので意外と迷ったりしますよね!

1-18. prerequisite = 必須条件←忘れてました!(猛省)

1-20. not quite ~ = 「完全には~でない」 どこかで(以下省略)

2-1. amid ~ = 「~の最中に、真ん中に」 どこかで(以下省略)

2-3. thoseはここではvehiclesなんですね
butを普通に接続詞だと思って答えたらダメなんかな?(疑問)

2-6. これも一見どれも入りそうで難しいが、previouslyがあるからlikewise

2-7. viewとsightの問題はどこかで見た気がしますが、悩ましいですね
一応以下にリンク貼っておきます
その1
その2
その3
なるほどわからん・・・状態なんですが(笑)
要はviewは「特定の位置からの眺め」sightは「どこから見ても同じ全体的な光景(状況)」
と思っておけばいいかなと思います
たぶんこんな感じで大外ししてないはず


2-10. bring O with herのOが後に出てきている形ですね
(こういうの結構あるので重要)
established client = 既存顧客

2-15. riseは自動詞だと覚えておけばたぶん間違えないでしょう(笑)
自動詞は自動詞として記憶すると良いというのが自分の持論です。他動詞は覚えない。

2-21. keenly aware that

3-6. 最上級 + ever = これまでで最も~な

3-8. be to do の使い方まとめは参考になりました

3-17. 桃色か青色でもありましたが、この問題も会社名が3人称であることに注意

4-2. 会社名にsがついている場合は要注意
自身の勉強会でも出したことありますが・・・(^^;;

4-3. the most は名詞(代名詞)=「最大限、最大量」もありますが、
この場合は「the most (things←省略)」の方が良いかなと思います

4-4. これも青本で似たような表現でわからなかったところですが、
date it is writtenの文法的解釈が難しいですね
おそらくtimeやwayなどと同じく、接続詞的に解釈すると良いでしょう
関係代名詞的に考えると文法的解釈が難しくなってしまいます
time/wayの後にS+V(完全な文)を続けて、「SがVする時/方法」などと訳すと良い

4-12. ここはprecision toolsではないです・・・(おかげさまでこの手の問題覚えた!
little competition なのでcompetitionは不可算名詞だとわかります
(ってだいたいわかるか?(笑)

4-14. これも会社名にs

4-16. be returnedを見た瞬間にわからなければいけません

4-17. positively = 疑いようのなく、間違いなく
問題は消去法で解けますが、結構難しいかもです

4-18. late ~ing = ~するのに遅れる

4-19. employ = 採用する

4-20. moveは他動詞もあるので迷いますが、
「引っ越す」などの意味では自動詞で、未来を示す現在進行形ですね

4-21. anymoreを見て否定的な単語が入ることが感じられますね

5-4. TOEICばかりやっているとカンマでこの文が接続可能な理由がわかりませんね(笑)
誰かおせーてください

5-7. この問題は動詞問題の大原則の「態⇒主述の一致⇒時制」の順に
考えないといけない
問題ですね。
ここでも未来の意味を込められている進行形が用いられています

5-11. 青本で書いたprecision toolsが出てきましたね

5-13. 後ろのwhoで人だと気づかないといけません

5-15. career in law = 法律家としてのキャリア (inを使う)

6-3. only to do ~ = ただ~するだけの結果となる
この問題はかなり難しいと思いました。

6-8. のあたりにinform O Oが出てきたんだけどあまり見たことない気がしますね

6-9. in terms of = ~の点に関して
これもちょっと難しいかな

6-13. のあたりにbring O to my attention のOが後に出てきている文がありますが
これは結構良く見かけるパターンですね
「私の注意にOを持って行く」 ⇒ 「私に知らせてくれて」くらいの意味で良いかと


というわけで千本ノックは終わり。

今日来た本たち(上段のみ)
下の2冊はmiyaさんから以前いただいたものです。
上段の一番右のは旧型式でした~残念!
IMG_3545.jpg


あとは猛省会のお知らせです。(コピペ)
第217回TOEIC LR公開テストパート8猛省セクション(1/29)
1/29 16:30~17:00開始で山手線沿線のどこからへんで行いたいと思います。
所要2,3時間で途中入場、途中退場OKです。お気軽にどうぞ。
基本はただの飲み会ですm(_ _)m
興味ある方、参加される方はなんらかの方法で私に連絡お願いします。

現在11名です。
ただTOEICの話してるだけの(変な人たちの)集まりなので
参加迷ってる方は是非連絡下さい。
これを見て迷っているそこのあなた!(そう。あなたです。あなたが迷ってるのはわかってます)
連絡お願いします。

迷ってそうな方は個別に連絡するかもしれません(笑)



というわけで今週末はFF15を終わらせて、部屋を片付けて、
TOEICの音源をしこたまiPhoneにぶちこんだので、
今晩からリスニングも含め、総動員でTOEIC頑張るで!

TOEIC LR 千本ノック解ければ差がつく良問編(青色)の件 + 猛省会の話

桃色の方を書いてしまったので、
正直面倒になってきましたが備忘録的に書かせて頂きます。
こんなのが役に立つ方がいらっしゃれば幸いです。

IMG_3537.jpg
上の段の青いやつです

1-4. oversight = 「監督」、「見落とし」

1-8. one-third of ~の主語が単数か複数化気になりましたが、
どうやら後ろの名詞の形で決まるようです。
今回の場合は複数形なので現在形であっても三単現ではない。
(詳しいことは自分で調べたりその筋の人に聞いて下さい)

1-16. out of ~ = ~の中から
これは確か自身の勉強会で出したはず

1-18. worth ~ing = ~する価値がある

2-1. be of assistance = 手伝う (良く見る)

2-3. take early retirement
takeを使うんですね

2-6. no longer + 動詞(原形ではない)

2-8. make efforts
makeを使うんですね (ってこれはさすがにTOEICやってれば知ってるか(笑)

2-10. この文章は良く読んできちんと意味を取らないと難しいですね

2-13. on a なんとか basis もかつて勉強会で出しましたな

2-15. money = 「お金」というよりここでは「金額」ですか
金額という意味もあるんですね

2-17. precision instrument = 精密機器
これはたまに見るので問題として気を付けた方がいいかもですね
precisionのところが空欄で、誤答選択肢に「precise」とか
(なんか最近見た気がする・・・(笑)

2-18. before のあとの主語が何かを問うている典型的な問題ですね

2-20. inがあったら正解なんじゃないかなと

3-1. Of = Among = 「~の中で」(超頻出)

3-12. いまさらですがDespite ofとは言わないんですね。
ってことを久しぶりにやったら忘れてたので、ブランク恐ろしい・・・
(昔は言ってたみたいですが、まあ、TOEICでは出ないでしょう

3-15. rewarding = 価値のある
個人的に重要だと感じている単語

3-19. find O Cの形に気づかないと間違える
なので第4、第5文型大事アル!

4-8. attribute A to B = AをBのせい(おかげ)とする
これも重要表現ですな

4-14. difficulty (in) ~ing = ~するのが困難だ
to doとかダメよ!

4-17. 主語のMuchこの前書きましたね
Muchがたくさんの「話の内容」ということがわからないと難しいと思うので、
文意が把握できないと難しいですね

4-20. こういう分詞構文だというのはわかるけど
ただの現在分詞か完了形の現在分詞かわかりにくい問題は多いです
文意を把握しないと難しいかもです

5-8. days that we are openのところの文法的な説明が出来ないので
誰かおせーて

5-9. ちょっと乱暴にyet=butと覚えても良いかもしれません

5-10. meaningless = 無意味な
meaningly = 意味深に←たまにこれも出る気が(問題集とかで)

5-12. この文章は後半がcontractで明記される内容であることが
わからないとちょっと迷いますね。

5-16. had retiredでもOKな気がします

6-3. Would rather A than B = BよりもむしろAしたい
知らなかったです・・・orz

6-9. 文章の主語がBBCであることをきちんと認識しておかないといけない
ぼんやり話し手をイメージしながら文を見てると間違える良い問題

2段落目の最後のcountingってどんなニュアンスなんでしょうね?
カウントし続ける=増え続けるってことでいいのかな?

6-13. no questions asked = 「無条件で」という一種の決まり文句みたいです
no-questions-asked return policy = 無条件返品ポリシー
とか言うみたい

6-15. あとでFirst, Secondとあるのでわかりやすいですね

6-16. purchaseは可算名詞

というわけでこちらはまだ席が余りまくっているので何度もくどくコピペです(笑)
第217回TOEIC LR公開テストパート8猛省セクションのお知らせ (1/29)です。
1/29 16:30~17:00開始で山手線沿線のどこからへんで行いたいと思います。
所要2,3時間で途中入場、途中退場OKです。お気軽にどうぞ。
基本はただの飲み会ですm(_ _)m
興味ある方、参加される方はなんらかの方法で私に連絡お願いします。
結構集まったんで開催しますが
今週末の土日で一旦締め切っちゃうよ?(突然の弱気)
これを見てるそこのあなた!連絡お願いします!




FF15の方はだいぶ収束してきましたが、
着々と集めものだけしております(笑)

TOEIC LR 千本ノック絶対落とせない鉄板問題編(桃色)の件 + 猛省会の話

新型式対策
絶対落とせない鉄板問題編

IMG_3537.jpg
上の小さいピンクのやつね

ということでナメてかかろうとしたら落としそうになったやんけ!
というわけでゴチャゴチャと書いて行こうと思います。
(本に書いてあることは基本的に割愛します)

まずはサクッと20問と書いてますけど
一か月半ぶりにTOEICに触れた影響もありますが、
全然サクッと行けませんでしたがあわわ

1-20. put us behind scheduleの表現が新鮮でした。個人的に


言いたいことはもうちょっとありますが、ブログではサクッと終わらせて、

モチベーションで乗り越えて!20問
(これが一番難しい!)

2-2. exceedを見るとproceedが自動詞だということを思い出します(重要)

2-13. 真面目に文意考えると結構難しい文なのですが
combinationの意味でandを選ぶと良いかなと思います

2-14. presentは「出席して」という形容詞がありますが、
動詞の場合はpresent oneselfとなるようです


そろそろ慣れた?20問
うん!おかげさまでだいぶ慣れた!ありがとう!

3-4. it is as yet (unexploited) = 今のところは~である

3-13. push A to do = Aに~することを強要する

3-18. a visitor's pass ってな感じでaがあるのでoneですね。
anyと迷う可能性もありますが、any (of these)←先立つ名詞(複数)が必要


ぐんぐん力がついてきた!20問
まだそんな気はしないがそう思うことにします!

4-10. backgroundが不可算なので。この手の主語を問う問題はたまに出ますね。
Muchとか(言わないけど)

4-12. reason that S+V = 「SがVする理由」なんかあったようでなかったような表現


ゴールは近い!20問
遠い!

5-5. give way to ~ = ~に取って代わられる

5-7. この問題は時制がポイントですね。cannotが将来を表す。

5-13. askの後のthatとwhetherを選ぶ問題は定番ですね。
TOEICではだいたいask whether S+Vとwhetherを選ばせる問題が多い気がする。
(意味を考えればわかると思います)

5-16. これはrecommend thatのthat節の動詞が原型になる文ですが、
受動態の否定文になったときに(should) not be usedとなって一見変に見える文ですね。
韓国の問題集なんかでは問題としても出ますね。


パート6
もうお腹一杯って感じ

6-1. foundedがあったらfoundedでも正解

6-6. のあたりのパラグラフの文が難しいと思いますが、making sureが分詞構文として
途中で挟まっていると思えば良いようです。結構難しいと思いますが。

6-11. のあたりのas early as Januaryという表現は良く見る。

6-14. months of debateのmonths ofが決め手かと思いますが、
良く考えないと結構悩ましいと感じますね。


というわけでちょっと駆け足でお送りしましたが、
ここからが本題でして・・・

第217回TOEIC LR公開テストパート8猛省セクションのお知らせ (1/29)です。
1/29 16:30~17:00開始で山手線沿線のどこからへんで行いたいと思います。
所要2,3時間で途中入場、途中退場OKです。お気軽にどうぞ。
基本はただの飲み会ですm(_ _)m
興味ある方、参加される方はなんらかの方法で私に連絡お願いします。
結構集まったんで開催しますが
今週末の土日で一旦締め切ります