リーディング苦手意識克服の私の経験に基づく事例

リーディングの方が好きなめじです。こんばんわ。
(てかこんなん書いてないでリスニング苦手なのなんとかしろよ)

まだ学習法など展開できるレベルではないですが、
私のしょぼい経験に基づいた学習方法の一例として展開したく思います。
対照的な学習法の方も数多くいらっしゃいますので、
あくまで一例としてこんなヤツもいると思って頂ければと思います。
(R400点以上の人には無駄な内容です)

下の図は私のリーディングのトータルスコアとアビリティーズメジャード(以下アビメ)
の過去の実績を示しています。

TOTALだけ右軸(→)、R1~R5は左軸(←)を見て頂きたいと思います。

今回注目はR1~R3(暖色系の線)の話です。
この項目は一部Part6も含みますが、主にPart7の項目に相当します。
(詳しくは先日の英語部勉強会で教えて頂いたみ○ん星人氏にお問い合わせ下しあ)
一応無許可なので伏字で

TOEIC.jpg

R1~R3の174回までの線は70を超えたものが一つもありません。
そして175回の時(①参照)に一気に70付近まで上昇し、
これ以降下がったことがありません。
トータルも350行かないくらいを彷徨っていたのですが、
175回に400に達し、以降この水準以上をキープしています。

174回まで約1年半、パート7対策どんなことをしていたかというと、
ひたすら速く読みたい!と願ってスピードだけを意識して
結果的に虫食い読みで読み、設問がわからないから戻ってまた読んだり、
まんまとETS(IIBC?)のワナに引っかかったりしていた頃です。
速読というフレーズがつく本ばかり読んでいました。

175回(2012/11/18)は何をしたか。
究極の模試を買ったのが11/2、3回チャレンジ法を知った日です。
スピードだけ追い求めていてもダメなんだとようやく思い知らされた日です。
スピードを気にする1回目、正確性を求める2回目、
これを同じ問題で練習できるなんて魔法にかかったようでした~。
(夢のわんだーらんど~)

魔法にかかった私は丁寧にやることこそまず第一歩だと今でも思いますので、
今でもどんな問題も3回チャレンジ法(実際は3回目はやってませんが)をやっています。
1回目は言わば新鮮な問題をブツ切りでやったり長い時間かけてやったりするのも
もったいないから本番形式でやっているようなもので、
ある程度までは大切なのは2回目、2回目にたくさん時間を費やします。
当然、徐々に2回目の時間も減らす努力はして行きました。

最初はスピード出ませんかもしれませんが、
正答率が上がったので結果的にスコアが上がりました。
また、これを境にしてなぜか読むスピードも上がってきました。
(それまで1年半、俺は何をしていたんだ?)

結局何が言いたかったかというと、スピードを気にしなさいという人がほとんどですが、
気にしすぎて間違ったことをすると私のように恐ろしいことになりますよ・・・(キャー)

②(未だ越えられない壁)はなんのためにつけた印か忘れてしまったのでここで終了
そして以下アビメと書いたけど結局使わなかったな。
スポンサーサイト

TOEICはメンタルスポーツ(?)でございます

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
TOEIC学習において(無論その他もですが)体調を整えることは大事ですが、
メンタルを整えることも大事です。
なんて言ってるうちは甘い!と言われると思いますが現状甘いんで仕方ありません。

今日は珍しく(?)日頃の素行の悪さがたたりまして、
TOEICや仕事以外のことで考えないといけないことがあり、
ずっとそのことを考えていました。
(なので、通勤時は昨日書いた出まくりL以外勉強してません!

そしていよいよ平日の悪者、仕事の時間がやってきたわけですが、
その時もずっとそのことばかり考えていて、
ボディブローのようにじわじわと仕事に影響を与えてきたようです。

本日の仕事は何をしていたかというと、
簡単に言うと、あることが将来どうなるかの見積もりです。
金ではないですが、数字の見積もりです。
それだけではないですが主にそれです。

見積もり(名詞)はestimateです。
estimationではありません。(いいのかもしれませんが詳しい人のHP参照下さい)
estimateは動詞も名詞もなりえるので要注意です。
ちなみに昨日はquestionの動詞をTOEIC問題集で見ました。
同じ問題集で今日見たpermitなんてのは、
permit=許可する(動詞)、許可証(名詞)
permission=許可(名詞)
とかふざけた変形技を使ってくることがあるので要注意です!


だいぶ横道にそれましたが(いやいやそれ本題でいいでしょ!?)
数字の見積もりをいろいろデータかき集めてやってたんですよ。
いろいろ今朝がたの悩み事も考えながら。

その甲斐あってか今朝がた発生したoccurrenceは解消方向に向かって行ったのですが、
今日〆切だったのでとりあえず概算estimateを昼に出して、
後付で詳細確認していたところ、致命的なミスが発覚しまして(17:45くらい)、
明日(の誰も気づかないうちに)差分を埋め合わせるごまかし案を考えつかなくては
いけなくなってしまいまして、結局帰宅時、ほとんど勉強できませんでした!(←)
今もブログなんて頭半分しか使ってない状態で書いております。

今日は先日書いたVOCAの2セットほどをやって明日に備えてとっとと寝ようと思います。
(本当は今日終了させる予定でしたが・・・orz)
あと食器洗ひ・・・orz

みなさんも私以上に頻繁にこんな経験していると思います。
日頃の学習の妨げとなるばかりでなく、
テスト当日こんな状態になったらいけないので(具体例は後日の機会に)、
出来る限りメンタルは正常になるようにキープしてないといけないなあ。
という事例でした。なんかまとまりがないのでボツ。
メンタルを整える改善案がないからいかんのだな。今思いつかない。さようなら。

出まくりリスニング(2)

昨日の続きです。

では、何を始めたかというと、

パート2の英文とその日本語訳が同じページの下に書いてあるので
この日本語訳部分をみて、こいつ英語でなんていうのかな~って頭の中で
想像してみてメイン部の英文と照合する。

ってな作業です。
要するに瞬間英作文です。(と言っていいのか正直わからん)


この本の良いところは、
①日本語訳部分が小さいながらも黒ハッチしてあるので見やすい!
②いざとなったら近くにヒントが書いてある(通常は細目で見ないようにするけど)
③どうしてもわからなかったら赤シートで英文の一部が隠れるのでそれをヒントにできる。
④通常使える(TOEICに使える)表現だらけである。
⑤疑問詞パート→Yes/No→助動詞で始まる→・・・→と段階的に変わるので良い(何が?)

とにかく英作文素人にはかなり適当にやりやすいのである。

TOEICのスコアアップに役立つかは正直わかりませんが、
最近英語を使うのが少し楽しくなってきたので主に電車の中でなんとなくそんなことをやっております。
(予告なく中止してるかもしれませんが悪しからず・・・orz)
そろそろ1冊終わります。

またこの本については後日。

出まくりリスニング(1)

リスニングが伸び悩み中のめじです。こんばんわ。

そんな私が言うのもなんですが
今日は出まくりリスニングの話を書きたいと思います。


TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)
(2011/05/12)
神崎 正哉

商品詳細を見る



赤いtransparentなシートが入ってます。
13ページ目から「本書を使ったおすすめ学習法」をご覧頂くと
これは地味に秀逸な本であることがわかります。

ただ私は購入がかなり前なのですが、
実はこの本を一度も開いたことはありませんでした!(←)

完全に音声のみ就寝時に聞いていただけという
言わば「寝まくりリスニング」だったのです。
(ちなみに聞くだけでも秀逸な書籍であります。
著者の方も「聞くだけでも」とおっしゃってました。
ってこんなこと書いちゃっていいのかな・・・冷汁・・・)

で、この本を使って何を始めたかというと・・・

眠いので今日はこの辺で終わりにします。

近況の続き

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
ゲーム引きこもりが終わって約一週間。
金曜日の夜から土曜日の朝まではちょっとゲームやってましたが・・・
それ以外の時間はボチボチ再開しています。
(と言っても全盛期の半分くらいです)

20140219-2.jpg

電車の中ではTOEIC的なものについてはこの2つを主にやっています。
ちなみに両方借り物です

左のTOMATO VOCAはパート5の語彙問を集めたもので、
一度1セット40問を13-16分(語彙問だらけなので少々長め)で終わらせて、
解答を見ずにもう一度(この時はiPhoneでweblioで調べながら)やり、
①1回目でできたもの、②もう一度の時に出来たもの、③2回とも間違えたもの、
に仕分けして②、③についてもう一度復習してDoneという形です。

これも自分的に完璧法だと思っている3回チャレンジ法に則った方法です。(実際は2回ですが)
現在Day18まで終わりました。

黄色いのは日本でも売ってる完全攻略の10模試Lです。
一度10回分解き終わっていますが、この本が結構自分的に苦手なので
とりあえず歩きながらとか目を使いたくないときに聞いてます。
本は基本的に今は見てません。(どうしても聞こえん!ところだけチラ見)
本当はここを注力すべきなんですが、どうもLはいい加減です。


あとは気分次第で出まくりリスニングの日本語訳→英訳です。
実はこの時間が一番長い!(笑)
やっぱり最近英語にする方が何かと楽しめなので、
レベルはまだ全然低レベルですがついそっちに行ってしまいます。
TOEICerの方たちからだいぶ煙たがられることになるかもしれません。((((;゚Д゚)))))))

家ではまた違うこともしていますが今日はこの辺で。

あと土曜日に英語部の勉強会に潜入してきましたが、
そのレポは・・・私なんかが書かん方が逆にええか・・・orz

近況報告

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
御無沙汰です。めじです。

3か月のゲーム演習が概ね修了し、
いよいよTOEICer童貞から再スタートしたいと思います。

まずTOEICテストの結果や感触などすら書く時間も惜しかったので、
その報告からです。

12/7実施の明治リバティのIPテストですが、
この日はほとんど寝られなかったので(という言い訳をしておいて)
445/425=870ですたorz

20131207.jpg

受験直後に某HUM崎先生の「読みにくかったですよこの問題」という
気休めの言葉をいただいていましたがまんまとハメられた気分でした(笑)

それでは次の日の12月の公開テストです(12/08実施)
この日は前日の酒も残らず、良く寝ましたので大丈夫でしょう( ̄ー ̄)
結果は445/415=860ですた・・・(Aランギリやないかい・・・)

20131208.jpg

この時はパート5で驚異的ペースにてミスが発覚していましたので、
ある程度の覚悟は出来ていましたが、全体的に残念でしたね。


この日を境に2/17までほとんどと言っていいほど何もしてない日が続きましたが、
あけおめを経て1月の公開テストの1週間前くらいは少しぼちぼちと模試をやって臨んだ
187回公開テスト(1/12実施)の結果がこちらです。
440/465=905だったので、3度目の900台でござんしたので良かったです。

20140112.jpg


ただし今回はパート5,6が追い風参考並に運が良かったのもあるので、
やはりこんなもんでしょう。まだまだ全然ですね。

TOEICの勉強はさらに1月の公開テストからもほぼ手つかずの状態でしたが、
業務資料を英語で書く作業を(特に誰からも言われていないが)
始めてしまって結構それは楽しんでやっております。
たぶんめちゃくちゃですが、意外と誰も見ておらず突っ込んでくれません。
ライティングは面白いと思い始めているところです。
スピーキングは残念ながら今のところやる気ゼロです(笑)


追記
記事を保存とやったら更新されてしまったので
内容も色も言い回しも無味乾燥化してしまったことをご容赦下さい。
(ブログシステムすらも忘却しておりました・・・)