2月も終わりそうなので本日は手短に週末のTOEICイベント話

2月がいつの間にか終わろうとしていました。

今思えばあっという間の一か月でした。
新しい会社は(堂本剛の)正直しんどいですが
やってることは結構楽しいです。
残業も休出(休出はまだしてませんがこれから増える模様)もある程度なら
仕方ないかなと思えるほどです。コレももらえるし(←突然の汚ねえ話

ということでこの数年はだいたいTOEICのことかゲームのことしか頭になかったですが、
ゲームはおろか、TOEICのことも考えることが少なかった一か月でした。
本当に申し訳ありません。
ブログも一時閉鎖しようと思ったほどですが、
とりあえず閉鎖してもメリットがないのでこのままにしておきます。
↑続けるメリットもないやがな・・・(-_-)

つーわけで前置きが長くなりましたが、
2/27は英語部の勉強会に参加して参りました。

その前に恒例のランチ会をしましたけど、
15人来てくれまして本当にありがとうございました。
なんだかんだで自分は座ってるだけでしたが、
皆さん楽しそうだったので良かったです・・・

英語部の勉強会ですが、
やはり新形式の話になりましたね。
特に僕はあ~る師匠のおっしゃってることが
一番共感できましたし、聞いてて楽しかったです。
今回は全体的にテクニカルな話がやや多めだったので良かったです。

あとはTOEIC学習は筋トレですね。
内容はわかってはいるけど例えが素晴らしいなと思いました。
本当にその通りだと思います。

もう少しすべる人がいてもいいんじゃないかなと思えるほど
皆さんそれぞれ個性がある内容でした。

個人的には司会のブッチさん、たまみさんがMVPです(笑)


懇親会、2次会と参加しましたが、
いつものごとく、というか今回は日頃の疲れからか
結構マジでパワー切れしまして、次回からは懇親会だけで帰ろうかと思います(^^;;
(次回あれば)


2/28はtomo(@tomo_toeic)さんの新型公式問題集の勉強会でした。

前日の二日酔いと寝不足により死に顔で参上
(↑2/29 23:23追記しました)

今回は先週のブッチ先生の会とは違ってTEST1をやり、
お昼を食べてtomo先生による解説という感じでした。

問題の質は今更言うまでもないので割愛しますが、
tomo先生の解説、配布資料が素晴らしい!
これは僕なら1週間かかります。
tomoさんはTwitterでもそうなのですが、グラフィックを使った説明がうまいですね。
この配布資料だけでも行った甲斐があったというものです。
あと話の振り方がうまいですね。おかげで何度も当てられました(笑)ありがたや~

昼は会場内の食堂でヒレカツを食べようとしたら
直前で品切れになるという悲惨な出来事が!(T_T)

午後は解説だったのですが、ちょっと家を空けすぎたので
しばらくして途中退席させて頂きました。すみませんでした。



こんな感じで週末を送ったので、我が正室はカンカンで・・・じゃなくて・・・
半年に1度しか会えない人とか久しぶりの人とか
初めての人も今回何人かお会いしましたが、
いろいろな人の話を聞いていると自分も今は確かに仕事が大事だけれども
もう少しいろいろな人のお役に立てるように続けて行かねばならんなあ・・・
と思うようにはなりました・・・が、現実問題最近は本当に大変ですので
頭の片隅に置いておく程度にしておきますorz
(優先順位は大切なんで)

あと、これは毎度思うのですが、
こういうのに行きたくても行けない人ってたくさんいると思うんですよね。
英語部プレゼンターのえみーごさんも子供さんのインフルで来れなかったし。
皆それぞれの事情で頑張っているので、
自分はこれからもオンラインで(笑)そんな人たちのために頑張って行こうかなと思います。
そのオンラインも最近めっきりですので、口だけパンダになりそうですが・・・

ということで長くなりましたが、まずは自分がとにかく頑張らんと・・・(-_-)



20160229.jpg
いろいろな方から大好物のお菓子ありがとうございます。



スポンサーサイト

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 TEST2のパート5,6について(パート5のみ)

昨日の夜書きかけで倒れてましたのですが、
テスト2について更新していきます。

↓この青いヤツの話です
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

解答がわかりそうなところは白文字で書いてますので
白黒反転させて下さい。
新型で気になったのが赤文字


101.
カンマ以下はKimさんの説明。同格

102.
よく読めば簡単だが、今までなかった感じの文章
〜によって参加される・・・(笑)

103.
正解選択肢は現在形で使われることが多いが、未来の習慣的な動作も表せる
oftenなど他の副詞の場合でもたまにある
他が過去や現在完了と使われるので解答は可能か

104.
アカウントとか出てくるあたりは今風の問題だなと思いました
log in to どこどこ。toが必要なんやね
their time account and labor account
their hours ←worked (珍しいかも)

105.
この正解選択肢は自動詞なのか他動詞なのかいつも気になります
↑誰かおせーて
welcome to attendとかwelcome to participateがあるので自動詞なのかな?
解答にはあまり影響ありゃへんけど(^^;;

106.
enroll (自動詞) in
in person =自分で直接

107.
ここは普通に主格で良いが、所有代名詞が主語になる問題も健在になるかな?
assist は基本的に目的語は人です

108.
return O(が長い) toどこどこ
設問自体は簡単
in the envelope はinを使う。inを空欄にされると結構迷うよ〜(´Д` )

109.
seat = 座らせる
in the 序数 row of 〜 = x列目の

110.
lyの形容詞は注意願いますm(_ _)m
friendly/timelyとかと同じ
featuredが動詞です。目的語があることを確認
most 〜 名詞 that S has ever 過去分詞=Sがかつて・・・した最も〜な名詞だ

111.
現行も良くあるonce S 現在完了(が多い)
だいたい未来思考の文(主節が未来)で使われるが、過去形でもアリ
return O to 〜(108でも出た)

112.
it is 形容詞 to do (仮主語のit)
when 〜ing

113.
workersに合いそうなのがひとつしかないが心配なら全文文意
explainは人を目的語にしない
rebuiltという形容詞あるのか〜(んまあ知らんでも意味はわかるが)
install O in 〜 = Oを〜に取り付ける

114.
名詞を選ぶ。冠詞a
in praparation for (重要)
shipping activityは見慣れない単語

115.
gaugeはゲージと書けば意味がわかる人多いか
gaugeは本番で動詞形で出題されたことがあります
設問自体はaccurateを修飾してるので簡単ですね
in 〜ing = 〜する時に。的なニュアンスで捉えるとだいたい大丈夫

116.
highlightが動詞
strategyにくっつきそうなのがひとつしかないのだが一応全文文意確認
for = 〜するための

117.
periodicalは「定期刊行物」という名詞(よく見る)と
「定期的な」という意味があるのでsがなかったら正解
on the order form (onを使用)

118.
いつか出ると思っていたeven whenとかeven after(←ずっと前に予測したが本番ではたぶん出てない(T_T)
available by e-mailという表現が面白いと思った
they are away (,)conducting businessというように分詞構文と考えると文構造わかりやすい

119.
これからもお世話になりそうなconveniently located

120.
grant O O は出がちな語法なので記憶
so that S could V (これまではcouldのところcanが多かったが果たして)
informationは不可算名詞だがsomeで修飾可能
reportがなかったらinよりonの方が良いでしょう

121.
これは易しい(笑)

122.
文意を取るべき問題かとは思うがwith=所有のイメージからなんとなく解ける人もいるはず
competency =能力
open (ここでは形容詞)

123.
systemを後ろから修飾
後ろから修飾する形容詞も引き続き警戒しましょう
〜 candidate familiar with みたいな
keep O C (第5文型)

124.
coverage = 〜の範囲。結構いろいろな範囲で使われるので注意
補償範囲、報道範囲、サービス範囲など
正解選択肢は、〜を通して。〜することによって。とするとわかりやすいか
解答自体は接続詞ではないことがわかるので絞りやすい

125.
良く見る表現
おそらく本当はbeing effectiveなんだが、慣用的にeffectiveだけ残っていると思う
announce that S+V
resign O as ~ = ~としてOを退任する。この表現はなんとなく今後注意な気がします

126.
正解選択肢はあまりこれまでありそうであまりなかった感じ
allow 人 to do の構文は必須

127.
numerous +複数形
Echegaray Consulting~以下の文の副詞句(どのように)という部分がhowとして
前に出てきているだけと捉えればわかりやすいのかな?

128.
この問題が公式問題集で最も難しいと思いました(勘でした)
文意がわかりにくい
acceptanceとintoの関係が個人的には初めての感覚(←CMみたいやな)
acquisitionだとof?あたりかな
improvementならinかなと思ったけどintoもあるらしい
結局は勘というか感で・・・

129.
Rather thanがあるのでわかりやすい

130.
registration cardを修飾できそうなのが一つしか(C)(D)くらいだが、
文意を取った方がいいですね。130だし(笑)
in case (that) = ~の場合には (備えるイメージ)
indicative = 指示する


やはりなんとなく
100%全文の文意を取らなくても解ける問題の比率が下がったように感じました。


もう出かけるのですみませんがパート6については
明日以降にさせて頂きたく・・・orz

↑なんで焦って更新してるんだ?(;´Д`)
(TOEIC好きをアピールするためです(;´Д`)

では本日はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 TEST1のパート5,6について

今日は久しぶりにそそくさと会社を撤収してきてさて娘と何しようかなと思ってたら
娘がプチダウンして寝てたので悲しいです。

ということでヒマだし良く見てみたら公式問題集のやつがツッコミどころ満載なので
とりあえず適当にまずはTEST1について感想をつらつらと書いてまいります。


↓この青いヤツの話です
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

解答がわかりそうなところは白文字で書いてますので
白黒反転させて下さい。
新型で気になったのが赤文字

101.
後ろの名詞を修飾してるので簡単

102.
versionと合うのはこれしかない

103.
both A and B (これまでも良く出てきたやつ)
consultationはここでは可算名詞として登場

104.
head = 率いる。なんか最近良く見かけるようになってきた気がする

105.
(A)(B)(C)は過去・現在完了と相性が良いので答えは決まる

106.
後ろの名詞を修飾するので簡単

107.
discussedで文はいったん終わってるので副詞lateを入れるが、
後ろにthanがあるので比較級
(ここで終了)

108.
選択肢で置けそうなのが解答の選択肢しかない

109.
これは少し迷う
proceedは自動詞なので、直後の名詞の前の空欄は前置詞でないといけない
従って一見ありそうなstraight(副詞、形容詞)は消える
前置詞のthroughを入れる
aboardも前置詞だが意味が通じない。

110.
geologist = 地質学者
選択肢は周辺の意味を考えればすぐ選べる

111.
If S'+V', then S+V って良く聞くようだけど、いざ空欄を設けられると迷ったりする

112.
much +比較級で比較級を強調。王道問題。これまでも良く出た
(他にeven/far/a lot/considerablyなど)
文頭Confident that S+Vは
Argnome Corporation is confident that S+V→(Being) confident that S+Vと分詞構文になったもの
↑こういうのは今後良く出て来るのかもしれません
qualifiedは形容詞として覚えると良いかも
hire O as ~ = Oを~として採用する。なんかは結構今後出て来るのかも

113.
take pride in = ~に誇りに思う (inを使うことに注目)
naturally→processed→dairy products

114.
All of 複数形なのでそれだけでほぼ決定だがexperienceを持っているので人だとわかる
three or more = 3年あるいはそれ以上の (ちょっと今後orに注意したい)

115.
as以下があるのでそれを根拠に解答
全文の文意を取らなくても大丈夫だが取った方がわかりやすい問題
affordable (food) and authentic (food)

116.
少し迷うan excess of~はこれまでも見たものなので
extraという単語が意外とこれまで出て来なかったので難解
調べるとextraは「余分なもの」というよりは「特別なもの」というニュアンスが強いようだ
hold a sale は聞き慣れなかったから今後注意
clear out = 一掃する

117.
as (a) part of ~ = ~の一部。 partは今後またやらかしてくれそうなので注意(笑)
expand into = ~に進出する。はこれまでの頻出だったので問題なし

118.
demolish のイメージから選択肢は選べると思われるが、(B)は少し迷う人いるかも
当たり前だが全文の文意を取った方が正確に解ける

119.
こんな分詞構文も今後良く出て来るのかなと推測
カンマまでの文は
Mr. Loewenstein is an accomplished skater himself→(Being) an accomplished skater himself
S + be + Cが分詞構文となった形が今後良く出て来るのかとにおわせるセットとなっている。

120.
challengeの動詞もこれまで度々出てきてはいたのですが、
これを機にきちんと覚えた方が良いと感じさせる問題でした
challenge 物事 = ~に異議を唱える
challenge 人 = ~に挑戦する、要求する、異議を唱える
(これまではどちらかというと人が目的語が多かったイメージ)
approach to 名詞句 = ~へのアプローチ、手引き、取り組み方

121.
regarding noiseの感じから選べそうだとは思う
instruct 人 = 人に指示する
avoid doing
opponent = 対抗者

122.
premier = 第一位の
troupe = 一団 (dance troupeとか結構TOEICで聞いたことがある)

123.
S is/are among the ~(複数形) =Sは~の1つ/1人である(複数形に注意)
これまでも頻出だったのでこれを機会に間違えないようにする
exceptional = 卓越した

124.
文構造難しいが解答は簡単
instruct O(Oが長い) to 不定詞 = ~するためにOに指示してね
ここでもinstruct 人
with question = 質問がある(質問を持っている/所有してるイメージのwith)

125.
文意は難しいが、Althoughと来てカンマ後のlaterを見て即initiallyで大丈夫
itが何を指しているかも難しい問題(答えには影響ないが)
times = 時期

126.
according toはここでは「~に従って」
これまでも出てきたが頻度が多くなるかも
~によると、のaccording to もTEST1,2のパート5でたくさん出て来るけどね・・・
rank = ランク付けする

127.
こういう問題は少し新しめに映る
(同じようなジャンルの名詞を文中の単語や文意を手掛かりに仕分けさせる問題)
本や書籍や刊行物が並んでいるが、ここはBoston Daily Postをキーワードに選ぶか
that節の内容で選ぶかになるが、ここは素直に前者で良いのかなと
that節の中はofferingが主語でちゃんとbe動詞が三単現になっていると確認する
a valuable method of 動名詞+目的語の文構造も注目

128.
これはこれまでも良く見たonce S+V =いったんSがVすると~
it is 形容詞 to do = 仮主語itの形
advise 人 to do = 人に~するようアドバイスする。の語法は必修です!

129.
featureの意味上の主語がbookで、目的語がa compilation of quotesだとわかれば
おのずと答えは出てきます。(もちろんpublishedが本動詞だとわからないとダメですが(^^;;
compilationはわかりにくいですが、compileは頻出ですのでそこからイメージして名詞

130.
この問題はこのセットで100%文全体の文意を把握する必要がある唯一の問題です
(A)(D)は後続が節なので×
(B)は意味で×

このセットのパート5の総括としてですが、
青字で文意を把握しないと難しい問題を書きましたが
100%全文の文意を取らなくても解ける問題の比率が下がったように感じました。

こう書くと変ないちゃもんを付けられることがあるのですが、
当然全問文意を取った方が良いのは言うまでもないですし、
本番以外の勉強の時くらい全文読んであげてくださいね
自分もそうしてますので勘違いしないで下さいね・・・(^^;;

文意把握はパート6に譲った形になったのでしょうか。
たまたまなのかもしれません。経過観察としましょう(笑)



131.
意味を取ればすぐわかりますね
それにしても黄褐色の麻のスーツですか・・・(笑)

132.
「代わりの物あるで」からの流れなのでこれは比較的わかりやすかった

133.
正解のentireは選びにくい
なぜなら他にオーダーしたものがあるかわからないから
他にいろいろオーダーしてるのがわかれば自信を持って選べそう

134.
良く見る文の連続技で安心(笑)

135.
can (better→) 動詞原型
it = Oakville Library

136.
help 原形 目的語
its がOakville Library'sということがわからないと難しい
ourがあったら正解なはず

137.
前にplanがあるので、その説明となっているが言われれば簡単だけど
やってみると結構難しいと思います


138.
a copy of ~はこれまでも良くみた

139.
最初の文だけだと(B)もあやしいが、
This will ~~~の文まで読むと確信が持てるようになるので、
しばらく読み進めてから後で埋めるのも手なのかなと
continue + 補語 = ~し続けている

140.
~を含む。これまでも頻出

141.
後の文を読めばわかるが、
この正解選択肢は良く出てきたもののあまり正解で登場したことがないように
感じるので今後要注意かなと

irritation = いらだち

142.
irritationの意味がわかればすぐわかりそうだが、
わからなくても後の文を読めばわかるので諦めないで!
remain (to be) C
keep O C

143.
品詞問題。易しい

144.
難しめな文脈依存の語彙問題

Those 以降の文はThoseがSでreceiveがVです
Enclosed please find information regarding~
わかりやすい形に戻すと→Please find information (←enclosed) regarding
余計わかりにくいか(笑)
Enclosed please ~の形は慣れましょう。これまでも良く出ました

145.
わかりやすいこれまでもありがちな問題

146.
言われればわかるけど、やっぱり難しいと思います!
(C)(D)だって入りそうやし・・・orz


パート6はやっぱり文を挿入する問題が難しいですね。
これも慣れたら出来て来るようになるのかなと・・・今のところ思えませんが(笑)
そう信じてやっていくしかないですね(笑)


パート5も6もおそらくこのセットは本番と同じか少しだけ易しいのかなと
勝手に思っております。
個人的にはTEST2の方が易しいかなと思います。


TEST2も今後書こうと思ったけどやってみると結構大変だからやべえ・・・orz
完全にもうやる気なし・・・

ということで風呂入ってちょっとツイッタ眺めて早く寝ますおやすみなさい。

第207回TOEIC公開テスト(2016/01/31実施)の結果速報

20160222.jpg

第206回TOEIC公開テスト(2016/01/31実施)の感想

先ほどはtwitterの件お騒がせしてすみません。
ひとりフォロー解除されていました(笑)
去られた方本当にご迷惑をおかけしました・・・

でもあれやると落ち着くんですよね~自分が。
↑単に自己中なんじゃん!

ということでもうその状況でimplyされていると思いますが、散々な結果でしたm(_ _)m
だいたい月曜日にうるさい時は結果が悪いです(笑)


実は真面目な続きを結構書いていたのですが、
Twitterのリプライ返信しすぎて途中から書く時間がなくなったので
今日は全部削除してここで終わりにします(笑)


言いたかったことは
今回の結果は天罰です。
ということと
TOEICも大事だけど仕事も大事。
毎日大変だけどやっぱりリスニングはやらんとアカン!
ということでした。


とりあえず転職してからは寝ないと毎日しんどいのでごめんなさい。
0時前には寝たいので。

TOEICテスト公式問題集 (新型TOEIC)をやってみての感想

お久しぶりです。
最近は不覚にも仕事熱心な人を演じており
なかなかTOEICのことを考える時間が減っておりましたすみません。

TOEICの問題は5月から新形式になることがすでに発表されており、
それに対応した初めての模試(しかも公式)を金曜日にゲットすることができました。

z.jpg


昨日の朝TEST1を解き(ただし、パート7の途中で止まってますorz)
今日はブッチギリ学習会でTEST2を解く機会に恵まれたので解きました。

TEST1はまだ途中なのでパート5,6しか答え合わせしてません。
TEST2も答え合わせはしましたが結果がボロボロだったのと
復習はまだ全然出来てませんので、詳しいことが割愛しますが、
新形式に対する感想を書いてこの本はいったん終了したいと思います(笑)


パート1は概ね変更無しの印象です。
TEST1の6でto不定詞を使って理由を説明するパターンは
あまりこれまで印象になかったかもなあと思った程度です。

パート2はディレクションが短くなりました(重要)
なので5月からは
先読み時にパート3,4の設問と選択肢を見ている人は要注意です。
内容はおそらく概ね変わってない印象ですが、
この辺はパート2に詳しい方に譲ることにします。

パート3は見た目のインパクトとして
設問選択肢に図表が入った問題が加わりましたが、
個人的に一番難しいのが

What does the woman mean when she says, "~~~~"?という問題
です。
~~~と言ったことにどんな意味があるでしょうか?という問題です。
この問題のやっかいなのは、"~~~~"のフレーズを覚えるか、
もしくは設問を見ながら聞いてないといけないということです。
ものすごくこのフレーズに意識が行ってしまいます。
結果的に他の内容が上の空になってしまい、
他の設問にも悪影響が出てしまうことも予想されます。
個人的にはダントツでこれが一番つらい変更点です。

3人話者問題はそれ自体はおそらく慣れれば問題ないと思いますが、
今日はTEST2で52の問題が時間かかってしまい、
53-55の3人話者の問題は全ミスしました(笑)
設問にtheyとか人の名前が出てきたら3人話者を警戒した方が良いと感じます。
先読みは固有名詞を意識しながらしなくてはいけないのが少し大変かなと思います。
ただ、個人的には3人話者問題が大変なのは慣れるまでな気がします。

図表がある設問については、
まずは図表が何を示しているものなのかを素早く把握することが大切だと思いました。
ただこれも、Look at the graphicと書いてある設問としかリンクしてないようですので、
その設問の選択肢と図表の関係をリンクさせながら先読みをすれば
当初思っていたよりは難しくないのかなという印象を受けました。
おそらく将来的に問題が蓄積されると
この図表問題はストーリーが予測しやすくなると思います
し。


パート4についてはパート3と概ね同じような感覚なのですが、
個人的にはパート3よりは断然やりやすかったです。
ただ、パート3で一番つらい変更の
What does the woman mean when she says, "~~~~"?という問題は
話者が一人の分、いつ発せられるかドキドキしながら待つことになるので、
パート3よりも緊張感が増す感じでした。
(パート3なら男か女かどちらが言うかくらいはわかるので)

図表問題はパート3と同じ感想です。


パート5は細かいことを除けば
概ね現行と同じ感じを受けました。
(と言いながら今日の勉強会ではいろいろベラベラ話しちゃいましたけど・・・orz 割愛します。)


パート6は何か見にくくなったなあと思ったら、
選択肢が枠外に追放された!ナ~ム~
ということを今日勉強会で言われて初めて気づきました(笑)

単語を空欄に入れる問題は概ね現行と同じ印象です。

文章を入れる問題はこれまでベタ読みしてないで解いてる人にとってはもちろんのこと、
自分みたくベタ読みして解いてる人でも
問題として空欄に文章を入れるということに慣れてないような人や
英語に慣れ親しんだ人でなかったら一瞬戸惑うと思います。
しかしこれは慣れたら徐々に出来るようになってくるかと思います。


パート7 SPはスマホやチャット形式の問題がありました。

チャット形式の問題は地味に難しい印象です。
誰が誰に言ってるかとか話の繋がりを間違えないようにしたいです。

まだ新形式の公式2セットしか発表されてませんがアーティクルは鳴りを潜めている印象でした。
本番では爆発する可能性があります(笑)

SPは全体的に少しだけ易しくなった印象です。


トリプルパッセージは現状、当初思ってたよりはそこまで大変ではない印象です。
全部が全部複数個所参照でもないですし、
1つの文章だけで解ける問題も結構ありましたね。
ただ、将来的にはいくらでも本気を出してきそうな部分なので、
本番では要警戒ですね。まだ現段階ではどうなるかわかりません。
ただ、現状そこまで警戒せずに一つずつ内容を把握しながら
解いていけばなんとかなるかなあと言う印象は持てました。


パート7ではこの文章をどこに入れるか?
という問題が新形式で新たに追加されていますが、
これは設問の挿入する文章が1つなので、
その内容が把握できれば、あとは文脈を考えて
本文中のどこの空欄に入れればいいか考えればいいので、
パート6の文挿入問題よりはやりやすい印象を受けましたが、
いずれにしてもベタ読みに近い読み方が必須となった印象です。



とにもかくにも最近TOEICが意識から遠くなってましたが、
ミーハー心で新形式の問題を解いたことで、
奇しくもあと2回の現行試験で990を取りに行くモチベーションは得られました。


今日ブッチギリ学習会の後に4名の方で行ったラーメンつけ麺屋
結構うまかったです。チャーシューやべえ!うめえ!(笑)

y.jpg

でもなんとなく予測はできたけどいろいろと衝撃を受けて帰ってきましたので
明日からまた仕事とTOEICと頑張ろうと思います!

第206回TOEIC公開テスト(2016/01/31実施)の感想

遅ればせながら感想です。

メジャーでした。

●パート1 普通
全問たぶん大丈夫(ほんまか?


●パート2 普通
たぶん1ミスくらいで切り抜けてるはず(ほんまか?←たぶんほんと


●パート3 普通
だけど個人としてはかなりやばい
41-43のセットでいきなり躓き、続く44-46のセットも引きずる。
以降も断続的に白目となりやがて泡を吹く展開となりました。
死亡


●パート4 普通
パート4になってからだいぶ持ち直したので
こちらはそんなにミスってないと思います(ほんまか?


●パート5 ちょいムズ 12分 (13:46~13:58)
割と時間がかかった印象。
やっぱりパート5は最近だいぶ傾向が変わってる気がします。
後半難しいのではなくて、途中途中で迷わせる問題を入れてくる感じです。
will なんとか ~ingをいれる問題(~ingが空欄)とか
welcomeとなんとか(iで始まる)で迷う問題。
thanじゃなくてなんとかを選ぶ問題。とか
眺め・・・これもはっきり自信ない。
副詞の語彙も難しかったですね。
これらは(たぶん)大丈夫でしたが、1問かなりグレーなヤツ発見。
たぶん2ミス以上はしちゃってる模様・・・orz


●パート6 易しい 3分 (13:58~14:01)
こちらははっきり易しい印象でした。
ノーミスで大丈夫でしょう。


●パート7SP 普通 (153~171 19分:14:01~14:20、172~180 12分:14:20~14:32)
今回はだいぶ良いペースでしたね。
一時期の難化に比べたら大したことなかったでしょう。
アーティクルがそんなに読みにくくなかった印象です。


●パート7DP 普通 25分 (14:32~14:57)
こちらも丁寧に読めば引っかけはわかる問題が多かった印象です。
というか今回はDP前に30分近く余らせることができて丁寧に読めたのが勝因か。


ただ言い換えはかなり難しかったです。
特にcontainは間違えました・・・orz



今回はパート5でどれだけやっちまってるかが分かれ目だと思います。
最近パート5を一時期より狂ってやってないので
完全にリズム悪くなってますね。
ちゃんとやらないとね!(今更感満載


というところで今日は新しいところの仕事初めでした。
今日は概ね何事もなく終了しましたが、
んーやっぱりいざ行ってみるとこの中で生き残っていけるのかめちゃくちゃ不安。
自分で決めた道だけど人生でこんなに不安だと思ったことはあまりありません。
(娘が生まれた時の次くらいかな!(笑)

人間は話せばある程度わかるけど、技術は話しても理解できないものはできないんでね・・・。
↑何言ってんだこいつ・・・(笑)

今までのように緩くやってちゃいけないかもしれないと感じました。
皆さんTOEIC頑張って下さい!

明日もみっちり勉強なのでおやすみなさい・・・orz