Newシナゴン(パート5,6)はじめました Day6の2日目

すでに問題は全て193回公開テスト前までに解き切っておりますが、
復習は溜まりまくっておりました。

すでにDayいくつかなんて意味を為してませんがとりあえず旧来スタイルで
タイトルつけさせていただいております。メンゴ。

今回はTEST14の復習をしたいと思います。
TEST12と13のめじ的気になる単語も同時に載せます。


●TEST14

・105
 plans to なのでcurrent

・121
 なんとかプロダクツの最初の年はたくさんの困難があった。
 (たくさんの困難に特徴づけられた)
 そんなような意味だろう。

・136
 decliningに対応してincreasedを選択したが×
 remained (to be) steady という構文に注目。
 remained C (形容詞) の構文になっている。これはincreaseでは不可


・101
 prove O (to be) Cの構文であることを把握(上と同じ)
 意味的にも文法的にもhimselfを入れれば良い。
 自動詞的にprove (to be) Cの語法も注目!(゚∀゚)

・102
 processが動詞ってことでOKっすよね?(誰かおせえて系)

・120
 divide A into B = AをBに分ける。

・123
 industry standard = 業界標準 だそうで。

・124
 comparable = 同等の
 comparatively = 比較的


126 (個人的に重要)
 suggest that ~ = 「that以下を提案する」という時はthat節の動詞は原型(should 原型)となる。
 がここのsuggestは「暗示する」という意味なのでthat節の中はmayでもOK

・129
 副詞+名詞の語法
 おそらく~だ。
 かつては~だった。
 とかこんな感じで意味が取れたら副詞+名詞はあり!(゚∀゚)

・139
 Unless otherwise ~ = 他に~がなかったら (これは必修)

・151
 available position ってなんか不思議なような違和感があったような気がしたけどとりあえず正解


●単語 (TEST12,13,14)

・tuition = 授業料
contradiction = 否定 矛盾
・call A B = AをBと呼ぶ
・alternatively = 代わりに
・realize = 理解する
・containment = 封じ込め
expenditure = 支出
・ground breaking = パイオニア的な(?)
・variable = 変わりやすい
・peripheral = 周辺の
closely = きっちりと 綿密に
・neatly = こぎれいに
culmination = 最高点
・ovation = 大喝采 (スタンディングオベーション)
distract = 散らす そらす 気晴らしする
・erroneous = 間違った
deliberation = 熟考 討議
deduce = 推測する
constrain ~ = 強いて~させる
・restful = 落ち着いた 安らかな
ultimately = 最終的に
extraneous = 無関係の
dismay = うろたえさせる
hastily = 急いで
instance = 事例
・devise = 考案する
・characterize = 特徴づける
・divert from A to/into B =AからBに転換する
utterly = まったく すっかり
advocate = 提唱者
dignitary = 高い位の人
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。