第194回TOEIC公開テスト(2014/10/26実施)の感想

朗報!28フォーム(マイナー)

ってことで受験してきたよん?
今日は初会場ですごいきれいな大学でした。

席は一番後ろの角から一つ内側の絶好枠♡(しかも通路を挟んで隣の席がない)
当然大部屋なら席交換ですが、割と狭めな部屋で良く聞こえたので
席はそのままで本番に臨みます。

今日の言い訳としては、同じ机の隣の席の人のマーク音が若干うるさめだったことです。
一応Cまで聞いてから塗ってくれていましたが(それは感謝)
音が少し大きくてすごい集中力を削がれました!( `ー´)
気になっていくつか聞き逃したのはパート2の間だけですけどね。

さて本日の言い訳コーナーはこんなもんで、
感想です!


パート1 普通              1問迷ったけどたぶんできた
パート2 不明(ちょい難かな)     前述の理由により5問くらい勘・・・
パート3 たぶん普通(わからん)   今回は70まで集中できたのでそこまで悲惨でもない
パート4 たぶん普通(わからん)   今回はパート4のページめくった後に若干失速。スタミナ不足露呈。
パート5 普通からやや易しめ
パート6 普通からやや易しめ
パート7 SPは普通からやや易しめ。SP後半からDP途中までは普通。DP最後のセットは難。

Lの所感はパート2のメンタル不足とパート4のスタミナ不足ですかね・・・orz
全開のパート3の62-70の地獄の時間よりは軽傷で済んだと思いますが、
パート2がいかんせん今回はやばいです。

Rの所感ですが、こちらは全体的には易しめの印象でした。
パート5で迷ったのは113くらいの問題と125くらいの問題です。
113 whichとかeachとかあったやつ
125 ------ of なんとか (選択肢にallとか。allを選択)
他はたぶんadditionalで間違えてたとしても2問でしょう。

パート6は今回も前回同様サクサクでした。
(前回ミスってんのに何言ってんだ?)

パート6終了時点で14:02だったので、
パート7は初めて腰を落ち着けて読むことができました。
153-171で18分かかりました(つまりこの時点で14:20。残り42分)。
172のセットから余裕ぶちかましてさらにじっくり読みましたが結構これはやり過ぎだった模様・・・。
172-175 14:20-14:27
176-180 14:27-14:32

ちょっとじっくりすぎてだんだんマージンなくなってきましたねえ・・・(笑)
でもこれでもDPで30分余っています(これはめじ史上初の快挙です)
181-185 14:32-14:38
186-190 14:38-14:44
191-195 14:44-14:51
やべえ超じっくりやって最終セットに11分かけられるという幸せ♡

が!落とし穴が!

最終セットむじい・・・ラスボス来たか・・・
5分経過して197は全然わからなくてこの時点で回答は196まで・・・orz
仕方なく198,199,200とつぶし、残り3分くらいあわわ・・・。
もうやけくそでたぶんそうだろう的なマークをして2-3分前に終了して見直し。

今日の教訓はパート7で60分余ってるとかなり精神的に違うなということです。
今までは余っても55分だったので、やはり少し焦りがあります。
その気持ちがちゃんと読めない原因にもなります。
今日はじっくり焦らず読めて正答率はいつもより確実にいいと思います。
に加えて結果的にパート7も速く解けるんだと実感しました。
ゆっくりやっていながら実は結果的に早くなっているという矛盾したような感覚。

ということでようやく先人たちがおっしゃるパート7に60分余らせる
(つまりパート5,6を15分で)という気持ちが完全に理解できたような気がします。
当然ですがパート5,6,7全て底上げですね。
パート5,6は15分目標に切り替えました。

あとの教訓は、最後までナメんな!ラスボス登場する時あるで!
スポンサーサイト

コメント

トラックバック