TOEIC Part5奇問・難問・愚問?検討会(仮称)をやるかも(まだ妄想段階

*共同主催者(ニシキギさん)未承認ですので多分に変更の場合がありますが
その際はきちんと予告します(←さすがに今回ばかりは予告します(笑)

いつの日か「TOEIC Part5奇問・難問・愚問?検討会(仮称)」を行おうと思っています。
これは正式発表ではありません(カミさんの承認待ち((((;゚Д゚))))))です・・・orz
が、意外とブログ見てくれてる人がいるようなので今のうちに告知だけしておきます。

日時は正確にはまだ決まってませんが勝手に5/30か6/6を予定しています(笑)
(なるべく競合他社(他者?)様とかぶらないように変更の可能性があります)

場所はまだ決まってませんが、おそらく都内です。

開始時刻は午前中
終了時刻は夕方
終わったあと飲み会(←これがメインイベント

会費は会場代を完全折半(+少し私の自腹)する形にしますので、
詳細が決まったらお知らせします。


・この会の目的や内容を書く前になぜこんなことやろうかと思ったか。

まじめな話、私はPart5,6に関してはTOEIC力はそこそこあるとは思ってますが
英語はあまり良くわかってません。(日本語も大してあれなんですが・・・

日々Part5(6もですが)の演習を行っていますが、
解答根拠がわからない問題が結構出てきます。
正解を選べた問題ですらそういうことがあります。

こういった問題はTOEIC本番では奇問であったり、139/140くらいに出てくる難問であったり
正解にも不正解にもならない愚問であったりするのですが、
とにかく一度目にした問題の解答根拠がわからんのは気持ちが悪い!


ということで、誰か解答根拠を寄って集って教えてくれねえかなあ・・・
↑という自己中なことが最初のモチベーションです。
(すでに1年くらい前から思ってはいました)


とはいえ、私の知ってるTOEICやってる人はたいていは
(主にTOEIC問題をやるのに?)忙しいですから、
教えろと言って教えてくれるほどヒマでは(というか優しく?)ありません。


ということでエサとして「まず問題を解いてもらう」
ことを用意すれば良いと考えたわけです!単純!b( ̄ー ̄)d


つまり、本番の流れはこうなります。

①問題を解く(40問ずつにすることを現段階では想定)

②1問ずつ答えあわせと解答根拠を確認

以下①と②の無限ループ(実際は有限ループ?)


この会の最大の特徴は
②のときに
どうしてこの選択肢が正解でこの選択肢が不正解かを
フリーディスカッションして行きたいと思います(まとめ役は僕以外の誰かが望ましいですがひとまず僕で
というか単純に僕に教えてくれれば良いだけです簡単な話!(笑)
というのは冗談にしても、たぶんモヤモヤ感がある問題が多いはずなので(そう感じるのは私だけかい?
そのモヤモヤをみんなで解消しようということです。

もちろん解答に関係ないところで疑問に思ったところは
話し合いたいと思っています。

要するになんでもありなんです(あとで酒が飲めれば。
ざっくばらんに話し合いましょう。



正直言うと事前に問題を見ておいてほしいくらいなので、
参加希望の方は事前に連絡下さい。募集の時に来れなくなってもいいので。
(事前にテキストの押し売りです。いちおうまわしものではありません)

これ面白い。間違えやすい。という個人的にウホッてなる問題を選ぶ予定ですが
どんな感じでセレクションしていくかは今後2ヶ月くらいで決めます。


●参加資格

そこそこヤバイ問題が揃うはずなので以下のような方限定です。

・アビティーズメジャードR4とR5=100/100狙いの方
・そこまで狙ってないけどTOEICの問題解くのが好きな方
・僕に手取り足取り英語を教えたい人(これだけは女性限定
・英語で実用的な表現を知りたい方(たぶん英語じゃ当たり前って見解になることが多いと思うので
・酒が飲みたい方
・ドMな方
・当日ヒマな方

こんなところになるかと思いますが正式発表のときに変更になる場合があります。

たぶん上記の要件を満たしてる人なんてほとんどいないので
今の想定では10人くらいで(そんな来るか?)やることになるのかなとは思ってはいます。
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。