第200回TOEIC公開テスト(2015/05/24実施)の感想

緑でした。


今日はリスニングのパート2とパート4の2回にわたり
音声の乱れ(音飛びまくり)があって途中トータルで
20分強ほど(15分/7分くらいかな)待たされる時間がありました。

人間こうなるとダメなんですね。
一応パート2の時は平常心でいようと努力してそこそこ落ち着いたままで
いられたのですが、それまで結構順調だったのが再開した後の2問目で
躓いたものですから、つい八つ当たりもしたくなってしまうわけです。

その後10問近くはとてもまともな状態で受けることはできませんでした。

パート3,4はそれでも徐々に平静を取り戻していつも通りの感触には持ち直せたと思います。

ところがパート4の最終問題でまた音声トラブルが発生して
こちらはもうリーディングに行く気満々でしたから
この時は何か切れた音がしましたね(笑)

リーディング始まった後もいろいろ雑念がよぎるわけです。
パート2どっちにしても出来なかっただろうとか、
15:02を過ぎたら外がうるさくなるんじゃないかとか、
だったらそれまでにある程度片付けておかないとなあとか、
リーディング中に余計なトラブルとか試験官がガタガタ出入りうるさくならんだろうかとか、
30分も遅くなったらカミさんになんて言い訳すればいいんだろうかとか、
もうたくさん考えてしまって集中出来なかったですね。

と、グチを言ってるだけじゃあ近所のおばちゃんと同じなので!
こんな時のマニュアルをしたためておこうかと思います。


必要なことはたった一つです。
・集中を切らさないこと

これだけですね。
想定外のトラブルになるといろいろよぎりますが、
その後の対応は割ときちんとしてくれると思いました。
15:02後の廊下もさほどうるさくなかったですし。
その辺はもしかしたら配慮・説明がされているのかもしれません。

あとは、カミさんや旦那さんや彼女や彼氏を待たせている場合は
あらかじめ想定外のことが起きるかもしれないことを言っておきましょう(笑)
(あらぬ疑いをかけられないようにご注意下さい)

集中を切らさないためには怒らないことです。
怒ったら負け。今日はそれを感じた一日でした。



パート1 そこそこ難しめだと思いますができたと思います
パート2 前述の理由より途中から全然ダメ(笑)
パート3 良くも悪くも普通
パート4 良くも悪くも普通
パート5 やや難しかったと思います (なんとなく異質な難しさを感じました)
パート6 普通かやや難しめだったと思います
パート7 総合的に難しめだったと思います。
SPの特に序盤に根拠わかりにくい問題いくつか。
SP最後のアーティクル読みにくい
DP最初読みにくい(実はほぼ塗り絵状態)
その後頭真っ白なりの解答が続く・・・

終わり
スポンサーサイト

コメント

トラックバック