弱いから負けた

今回ばかりは本当に悲報Mフォームでした(大泣き)

今回スコアアップされた方はすばらしいと思います。
おめでとうございます。

200回は記念すべき初のリスニングトラブル(しかも2度も)に見舞われました。
第200回TOEIC公開テスト(2015/05/24実施)の感想


と、言い訳満載でお送りしようと思ってましたが、
今朝、職場につくやいなやYahooでこんな記事をみました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150608-00000011-pseven-spo


かつて世紀の大誤審と言われた柔道の試合の篠原選手の記事です。
15年前に物心ついてた日本人なら思い出せる人も多いでしょう。
自分もオリンピックとか見るの好きなものですからあのシーンははっきりと覚えています。

この記事自体は1週間前の記事のようですが、
今日付けの関連記事からリンクを辿ってきて見つけました。


「弱いから負けた」
この言葉以上に今日の自分に捧げる言葉としてふさわしいものはないでしょう。



ちなみにリンク先の
──試合終了後、「弱いから負けた」といいました。
の以下は次のように訳せます

「27問目が終わった時、僕は心の中でガッツポーズして『よし、ノーミスや!』(←本当は、なわけない)
って思ったんです。でも28問目に音声がおかしくなった。その後30問目で良く聞こえなくて
思うんですよ。“なんであんなとこでおかしくなるんや”“あれ、なんで集中切れると
こんなに聞こえないんや”“いやいや、リーディングの方が影響でかいでしょ”って。

パート4で止まった時は切れました。でもいつも高スコアの○○や●●●●(←誰かは想像にお任せします(震え声
やったら、それでも気持ちの切り替えができて、絶対取ってるんですよ。
でも自分はできなかった。そこに弱さがあったんじゃないかなって。

TOEICには魔物がいるっていいますけど(←言いません)そんなものはいない。当日に
強い奴が勝つようになっているんです。“負けた、終わった”という思いだけで、
音声トラブルや試験監督に対する怒りなんて、まったくなかった(←いやいやめちゃくちゃあっただろ」



で、12:00を少し過ぎた頃に黒歴史に追加する1ページを見ました。
445/450=895でした


すぐにそっと閉じて、13:00まで断続的に寝てしまったので
夢と散った495円分の昼飯を食べながら仕事を再開しました。
(昨日寝不足二日酔いだったので寝すぎましたorz)

CHf9vznUMAEReT9.jpg
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。