パート7初心に帰るの巻 (前置きが長くなりすぎたので前置きのみ抜粋版)

昨日のTOEIC後悔テストの結果(特にリーディング、パート7)が悪かったので、
いよいよパート7に取り掛かる時がやって来たと感じています。

昨日の結果、
リスニングは先日書いたトレーニング(と言ってもほとんど電車の中のみ)を
事前に10日ばかり猛トレーニングしてた影響からか、
たぶん450は超えてるんじゃないかと思います←って大して変わってねえ・・・orz

リーディングは今のところ
●パート5 140番の語彙問題
●matterの言い換え
●パート7その他多数
の間違えが発覚もしくは予測されているために
今回は間違いなく450はいけてないでしょう(白目)




今更ながら(←ほんと今更だな・・・)パート7で気づいたことがあります。それは
①戻り読みをかなりしている(←これはすでにわかっていた)
②選択肢の正答根拠・特に誤答根拠を調べすぎている
③記事のあの形がダメなんじゃなくて記事に多く見られる固有名詞で狂わされている
(固有名詞は人、会社の名前や地名ですね)


①戻り読みをしている理由は、
読むことに集中しすぎて内容を理解出来てないまま読み進めてしまう。
つまりかなり極端な話をすると文法的につじつまがあってることしか確認してないことを意味しています。
これはパート5,6をやりすぎた弊害であることはわかっていたので、
先月行った万本ノックでは文意把握縛りプレイで行ったわけです。
が、まだやっぱり甘いですね。
これはパート7の問題で慣れないといけない。


②解答根拠を調べすぎているというのは、
正解選択肢が正解か不安で誤答選択肢のどこが誤答かを調べるという
クセが本番中にも出てしまっている
ことを意味しています。
これは読解の速い上級者は確実にそれの方が良いですが、
自分のように戻り読み多数、固有名詞で躓くレベルでは時期尚早と考えました。
ということで正解根拠を確認してさっさと進める訓練をしていこうと思います。
同時に誤答選択肢の根拠を確認しないがために落とした問題の抽出(←そんなのできんのか?


③固有名詞に対する対策としては、
ぶっちゃけ慣れるしかない!と思うが、
例えば最初の頭文字でなんとなく記憶するとか、
人だったら誰かの顔に置き換えてみるとか(笑)
会社だったらビルの色を頭の中で変えてみるとか(笑)
いや、↑これは全然適当!適当すぎ!(笑)
が、どうにか対策していかにゃならん。



①②③の対策をイメージしながらしばらくパート7を解き続けようかと考えておりまして、
で、今日から始めたのが結構古いテキストですが、
完全攻略10回模試という本です。

この本は自分がTOEICの方々と知り合った初期の頃、
あ~るさんの勉強会で使うためにわざわざ買った本です

この本は自分がまだ800点台の頃に解いたっきりしばらく本棚に眠っていました。
なのですごい久しぶりです。
本棚から取り出した理由は、久しぶりだったことと、
たしかあ~るさんがその頃「本番よりは易しめだと思う(ドヤ顔)」
と言ってたのでまずは易しめのやつから始めようかなと思いました。
ちなみに当時は全然簡単じゃねえよ・・・(-_-)って思ってましたが、
今日1セット目をパート5,6,7とやってみたところ、
確かにだいぶ易しい印象を受けました。(できたとは言ってない)


と、前置きはこのくらいにして
今日電車でやった1セット目の100問の中から抜粋して15問くらい
特記したいことを並べて行こうと思ってたのですが、
いつも通りの前置きが長すぎてしまった(-_-)ので、
明日、明後日は更新できないので、木曜日あたりに更新出来たらいいかなと思います。
木曜日も無理なら金土は無理なので連休に5セット分とかになりますかね。


1セット目ミス問題だけ
109
139
141
169
179
197
基本的にパート5意外は全部、あとちょっと読み続けたらわかる凡ミスだったわけですが、
こういう凡ミスを減らすこともどうにかしないといけないわけですね。


あとはいろいろなところのプロフィールを変えましたが
ちょっと現在いろいろとリアルでプロファイリングされてはまずい状況なので(笑)
一時的にいろいろ消してますのでご了承下さい。
しばらくしたら戻します。

では今日はこの辺で。See you!
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。