【御礼】1/10BITEKI学習会終了してきました (フォローアップの1)

昨日1/10はBITEKI学習会でした。

この企画は昨年の10/17に神崎先生とお会いした際に
「神崎先生のブログに載ってる400問特急高地トレーニング」
の問題を使ってなにかしていいかと聞いたところから初まっております。

自分は去年、奇問難問なんとかという勉強会開催したように(←正式名称忘れた(笑)
TOEICから少し外れててもいいので少し難しめ問題を
いろいろ検討するのが趣味だったものですから、
すでにその前からこの問題の検討はしてみたいと思ってました。

その時神崎先生は快諾して下さりまして本当にありがたかったのですが、
なにしろ10月から12月は何かとリアルで忙しい日々が続き、
ぶっちゃけ解いたのも12月に入ってからでしたので(゚д゚)!
この企画は闇に封印しようと思ってたのですが、
HANAさんの協力でなんとか開催することができました。
というかHANAさんがやりたかったようなのでしぶしぶ付き合ったわけです(笑)
30人近くの方々を集めてくれた手腕と、あまり他人の言うことを聞かない僕を動かす能力は尊敬に値します。
本当にありがとうございました。

またこの企画にあたって400問特急高地トレーニングの問題作成者である
Joe F. Scyzthemさんにも英語のネイティヴ的な感覚をたくさんご教授頂いております。
(この1週間くらい毎日質問攻めしてました実は(笑)

さらに参加者の方々におかれましては、
3連休の中日の朝早くから、ほとんどの方は夜遅くまでお付き合い下さり感無量でした。
(神崎先生も途中から飲み会までお越しくださいました。ありがとうございました)
帰りは一人、夜道を涙を流しながら帰りました(T_T)


上記の方々には今回本当に感謝しております。
ありがとうございました。


昨日は予定している半分ちょいくらいしかできませんでした。
(予定はSet5までだったのですが、Set4途中までしかできなかった)

実際は言いたいことが半分くらいしか言えない飛ばし飛ばしの内容で
あそこまでしか出来なかったので、実際はあと3,4倍時間欲しいですね本当は・・・orz

なので続きはどこかでやるか、何か資料を展開する予定です(あくまで予定です(笑)
いずれにしてももう少しお待ちください。
(Set5まではもうほとんど出来てます)


●問題についてはおそらく後ほど神崎先生のページからPDFでダウンロードできるように
なるかもしれないし、ならないかもしれないので、
参加してない方はTOEIC Blitz Blogからダウンロードして下さい(可能になった場合のみ)
とはいえ、問題は従来の神崎先生のページのヤツを並び直しただけなので、
特にメリットはありません。
(一部の問題はオリジナルの高地トレーニングでタイポ等があるので修正が入っています。Joeさん確認済)


●昨日は時間が無くて言えませんでしたが、
同じ素材でじっくり何度か復習するのは一番大切だと思います。
でも、それだけでは必ず壁にぶち当たる日が来るので
たくさんの数(問題の数)をこなすのもほぼ同じくらい大切だと思います。

だったらたくさんじっくり解いて復習できるようになるしかないのです。
そうしないと復習に時間がかかってしょうがないし。数がこなせない。
その為にはまず最初はゆっくり時間をかけて復習していくことが大事だと思います。
ゆっくりできないことは早く出来るようになりません。


昨日は自分がどういう視点で復習しているかを1問1問じっくり伝えられれば良いと思ったのですが、
なかなか時間的にそうもいかなかったので(反省)それを列挙していきます。
(もっとやるべきことはあるかもしれませんが、個人が思う最低限の内容です。主に文法です。)

・基本は空欄に関係すること以外も含め、全文を復習(当たり前)
・知らない語彙は調べないとわからんから調べる(当たり前)
・その問題の解答根拠(キーワードを確認する)
・その問題の不正解選択肢の不正解根拠を確認する(キーワードを確認する)
・その文の(主節の)主語と動詞を確認する。接続詞があればその中の主語動詞も。
・動詞の語法を確認する。前置詞との相性など(R400overになってからで良いと思う)
・自動詞は意識して自動詞だと思って見直す(他動詞は「それ以外」の感覚)
・第4,第5文型は必ず意識する(特に受動態)
・可算名詞と不可算名詞を意識する(R400over向け)
・名詞を後ろから修飾する形容詞を見分ける。
・全文口パクしながら復習する(コロケーションなどを馴染ませる対策)
・動詞問題は態→主述の一致→時制の順に確認するのは鉄則(解くときの注意)


●あと昨日お配りした資料ですが、
すでにいくつか訂正がございます。
(今後増える可能性があります)

Set4-4の解答⇒Dが正しい
Set5-30の参照特急問題番号⇒132が正しい
Set5-31の参照特急問題番号⇒168が正しい
オマケの問題プリントの(4)の解答が空欄のまま⇒どれでもなりえる


といったところで、それでは昨日はありがとうございました。
またの機会があればよろしくお願い致しますm(_ _)m

明日から3週間近くは少し解きまくって復習しまくろうと思います!

ちなみに1/9の青山大学IPは妻の容体があれだったので行きませんでしたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

トラックバック