4/16神崎正哉先生の新形式モニター模試に参加

先日の旧型式(先週までの現形式)TOEIC公開テスト最終回で
フルボッコを食らって大猛省したところですが、

そんなことは忘れて・・・←忘れんな?

4/16に私が崇拝するTOEIC講師の一人、
神崎正哉大先生の新形式モニター模試に行ってまいりました。

この模試は5月の公開テスト直前に出るそうなのですが、
この感想を簡単ではありますがネタバレなく書いて行こうと思います。

この模試は先日神崎正哉監修で発売されたオレンジの本
下の画像の右下の本(一応全部解いたことは解いただけ)の内容に比べると
だいぶ本番、というか公式問題集に近い印象を受けました。
リスニングは多少難しめ(個人的にはかなり難しめ)だったですが、
おそらく思いっきり乖離してるものでもないのでしょう。できる人から見れば。

リスニングは会話の状況がつかめない問題が多く、
3問全ミスの会話が4つくらいありました・・・(恥)
この辺が公式(本番)ではどうなってくるかが個人的にはキーですね。

やっぱりこれまでコテコテにTOEICだけにどっぷりの自分にとっては
自然な英語の会話のスタイルを身につけたり、
勉強の内容や意識を変えて行かないとパート3は特に厳しいです。

他のセットはとりあえずこれまでのマイナーチェンジでなんとかとりつくろえそうですが、
もう少し早く読むことを意識しないと行けないと感じてます。
パート5は7分。パート6は5分で。パート7は63分。この辺が私個人としての理想ペースです。

あとは語彙ですね。
昨日感じたんですが、語彙の勉強を特別これまでしたことはないものの、
本文に出て来る単語や語彙への興味があったうちは成長出来ていた気がしますが、
最近パート7でわからない単語があっても大抵がなんとかなってしまっていたので、
本当にざっくりとした感じでしか語彙のことを考えていませんでしたが、
語彙への興味が失われた途端に成長が止まった気がしてきました。

とりあえず新形式の模試は今のところ5冊(公式と以下の写真の4冊)と昨日のモニター模試
で、9セットあるし、K国からたくさん来るはず(←どうも模試じゃないのもあるらしい・・・orz)
なので、じっくり全文見直しと言う原点回帰をしていこうかと思います。


IMG_2776.jpg


◯写真の説明
・右上のプリント群が模試と解説です
解説の量がパネェ!!
カバン小さかった人どうしたんでしょう(^^;;

・昨日のモニター模試でマークシートが旧型式のままだった誤植(?)
を見つけて図書カード1000円分ゲット!(←結局娘にあげました)

・まりこ。さんからもらってTOEICマウスパッドとペン(画像切れてますが)
ペンは一つ娘にあげました。トーイッカーにならないことを祈ります(笑)

・takaさんからいただいた紅茶
紅茶似合わないって言われましたが・・・(-_-)
オレ大昔はツイッタのプロフィールにハーブティで書いてあったっつうの・・・

・下段は模試ですが、
右2冊は先週すでに購入済み。
昨日新たに日本の2冊買いました。
非公式問題集と公式問題集はでかいので
通勤中は主に3冊を中心に模試解き、復習かなと。
家ではデカい公式と非公式で模試解き、復習かなと。ここしばらくは。

昨日はさらにコテンパンに打ちのめされましたが、
5月までにある程度新形式に慣れておかないとほんまにやばいんで・・・
そんなことででは頑張って行きましょう。


スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。