TOEIC LR 千本ノック絶対落とせない鉄板問題編(桃色)の件 + 猛省会の話

新型式対策
絶対落とせない鉄板問題編

IMG_3537.jpg
上の小さいピンクのやつね

ということでナメてかかろうとしたら落としそうになったやんけ!
というわけでゴチャゴチャと書いて行こうと思います。
(本に書いてあることは基本的に割愛します)

まずはサクッと20問と書いてますけど
一か月半ぶりにTOEICに触れた影響もありますが、
全然サクッと行けませんでしたがあわわ

1-20. put us behind scheduleの表現が新鮮でした。個人的に


言いたいことはもうちょっとありますが、ブログではサクッと終わらせて、

モチベーションで乗り越えて!20問
(これが一番難しい!)

2-2. exceedを見るとproceedが自動詞だということを思い出します(重要)

2-13. 真面目に文意考えると結構難しい文なのですが
combinationの意味でandを選ぶと良いかなと思います

2-14. presentは「出席して」という形容詞がありますが、
動詞の場合はpresent oneselfとなるようです


そろそろ慣れた?20問
うん!おかげさまでだいぶ慣れた!ありがとう!

3-4. it is as yet (unexploited) = 今のところは~である

3-13. push A to do = Aに~することを強要する

3-18. a visitor's pass ってな感じでaがあるのでoneですね。
anyと迷う可能性もありますが、any (of these)←先立つ名詞(複数)が必要


ぐんぐん力がついてきた!20問
まだそんな気はしないがそう思うことにします!

4-10. backgroundが不可算なので。この手の主語を問う問題はたまに出ますね。
Muchとか(言わないけど)

4-12. reason that S+V = 「SがVする理由」なんかあったようでなかったような表現


ゴールは近い!20問
遠い!

5-5. give way to ~ = ~に取って代わられる

5-7. この問題は時制がポイントですね。cannotが将来を表す。

5-13. askの後のthatとwhetherを選ぶ問題は定番ですね。
TOEICではだいたいask whether S+Vとwhetherを選ばせる問題が多い気がする。
(意味を考えればわかると思います)

5-16. これはrecommend thatのthat節の動詞が原型になる文ですが、
受動態の否定文になったときに(should) not be usedとなって一見変に見える文ですね。
韓国の問題集なんかでは問題としても出ますね。


パート6
もうお腹一杯って感じ

6-1. foundedがあったらfoundedでも正解

6-6. のあたりのパラグラフの文が難しいと思いますが、making sureが分詞構文として
途中で挟まっていると思えば良いようです。結構難しいと思いますが。

6-11. のあたりのas early as Januaryという表現は良く見る。

6-14. months of debateのmonths ofが決め手かと思いますが、
良く考えないと結構悩ましいと感じますね。


というわけでちょっと駆け足でお送りしましたが、
ここからが本題でして・・・

第217回TOEIC LR公開テストパート8猛省セクションのお知らせ (1/29)です。
1/29 16:30~17:00開始で山手線沿線のどこからへんで行いたいと思います。
所要2,3時間で途中入場、途中退場OKです。お気軽にどうぞ。
基本はただの飲み会ですm(_ _)m
興味ある方、参加される方はなんらかの方法で私に連絡お願いします。
結構集まったんで開催しますが
今週末の土日で一旦締め切ります
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。