ちょっと辛くなったら読んでほしい記事の紹介 (辛くなかったら読まなくても良いかも)

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
昨日こんな記事がリツイートで流れてきました。

「どのコミュニティにもいる急にいなくなる人の話」
https://note.mu/chiffon_06/n/nfd817765d640

基本的にリツイートはほぼ全て脳内スルーするタイプなんですが、
珍しく目に止まったのでかなり興味深く読みました。
この書き手はライターなのか、文字を読むことが大嫌いなコテコテ理系脳の自分でも
内容を把握しながら情景を思い描きながら読むことが出来ました。



読み終えた感想としては
「どのコミュニティにもいるな(どれとは言わないけど(笑)」
と感じましたね。



最近は自分が話しかけづらい人間になってしまったようなのであまり個別にはありませんが、
それ以前には去って行く直前にアラームをあげてくれる人が軽く10人くらいはいたと思います。
その中にはまだ個別に連絡をくれる方もいます。

個別にではなくともタイムラインでアラームをガンガン出している人はぶっちゃけ今も結構いる。
その人たちの背後に引用の記事で言われているところの「限界の影」が忍び寄ってるのは良く見て取れます。
でも今までの経験から「最後の一滴」が落ちる前にコップの水をすくい取ることはほぼ出来てないのが申し訳ない。

そして以前ならお節介にいろいろ絡んでいたが、最近は自分にそこまでの余裕がなくなり、
コンタクトが疎かになっているが、重ね重ね申し訳ないm(_ _)m




と自分に悲観するのはここではいったん置いといて、なぜ急にいなくなる人が出てくるのか考えてみる。

理由としては引用の記事の原因とは他にもう一つの原因(今回の主題ではない)があって、
大きく2つあると思っている
1.他にやるべきことでいっぱいいっぱい。もしくは他に楽しいことが出来た。
2.(今回の主題はこちら)コミュニティに嫌気がさした。
というよりはコミュニティにおける自分の理想像と現実像の乖離に嫌気がさした。



ではなぜ2.のパターンがあるか?
それは引用の記事の「100点満点の〜」「60点の〜」
このあたりが大きなヒントだと思う。

100点満点を目指すのはもちろん大切だし自分なんかはそのつもりでやってはいるが、
一方で100点を出せないことで精神が病むようじゃいけないし、本末転倒な生き方だと思います。

ちょうど先週の金曜日の夜中に席にGMが遊びに(仕事の邪魔をしに)来たので、
自分もこんな性格なもんだから軽く自分の抱えている現状の課題についてGMにグチグチと愚痴を言ったわけです。

返ってきた答えはこうでした。
「我々開発部門は今全部やらずにここまでやって製造に全部丸投げし、続きはまたその後で考えていけばいい。
100点を目指す気持ちは大切だし、あなたがその性格なのは知ってるけど(実態はそういうフリをしてるだけだがな!)、
今100点を目指す必要はない。60点,70点で丸投げして100点を目指すのは後にすればいいんだ」

かく言う自分もこんな話をして多少楽になったばかりなのでした。(だが仕事は全然減るわけもない(-_-)




話を戻して、かつての自分に対してくれた悩み相談で圧倒的に多かったのは、
「誰かと同じ目標を持ってその通りに出来なくて誰かと比較して『あーいやだ』」
簡単にいうとほぼ全てこれです(笑)
(特別な事情の人も中にはいましたが

「あの人みたいにできない!」
ってできるわけねえだろ!(=゚ω゚)ノ自分はあの人じゃねえんだから!
逆にあの人だって自分のようにはできないんです。
これで楽になりませんかね?

ダメなんですよね、大抵の人は



良く言うんですが、
「自分の目標は自分で決めたものですか?なぜ自分がその目標を掲げているのですか?」
「誰かと同じ目標だとしたらそれを達成した時にあなたにどんな良いことがあるのですか?
あなた自身に何が残るのですか?」
何かモヤモヤしてる人がいたらこれを今一度考えて欲しいです。

「100点満点」と先ほどから書いてますが、この100点という数字
「誰がどういう根拠で決め、自分にとってどういう意味を為すか」で全く違ったものになります。

他人の意思が入った100点を目指すから他人と比較して変になってしまうんです。
自分が自分の考え方に則って決めた100点なら例え他人と比較することがあってもいろいろと割り切ることができるし、
素直に自分の反省点と改善点を見つけられるものです。
(言うまでもなくこのブログでいう100点はTOEIC990点の意味ではないので念のため)


とにかく何事もやりたいと思う事であればやめてしまうよりはダラダラとでも続けることが大切です。
やりたいと思わなくなったらきっぱりとやめるべきなんですけどね。
ま、それはオレが寂しくなるので今ここでは言いません(笑)

ツイッターでは歯切れの良い言葉が並んでます。
これはこれで大切ですが、無理に合わせる必要はないし、
ぶっちゃけ真に受けすぎない方が良いです。
歯切れの良い言葉の一つ一つに影響されてたら大抵は身が持ちません。
TOEICもツイッターもダラダラ続けるためにどうしたら良いかを第一優先で考えて頂けたら幸いです。
(オレが寂しいので(T_T)
スポンサーサイト

コメント

トラックバック