パート5のスピード訓練その2

その1で終わりかと思ったかと思いますが、
あるんです!その2

語研の
新TOEIC TEST文法・語彙問題秒速解答法

っちゅうのがあります。
これはその1の訓練の後に借りて読みました。
(一度読んで速やかに返却)

いろいろ意見あると思いますが、私はこの本は
「時間がかかるけど時間があればそこそこパート5,6はできる!(ドヤ顔)」
って人にオススメの本だと思います。
あまり文法知識なしに読むことはオススメしません。

この本はパート5の問題において、
時間をかけなくて良い問題を仕分けてくれます。

時間をかける問題と時間をかけなくて良い問題が判断できるようになるんですねえ。


ひとまずこの方法で時間短縮を狙ってみると良いでしょう。
もちろん最終的にはベタ読みで解くのが安全ですが、
私は未だにこの本のやり方がベースになっている気がします。
(若干アレンジしちゃっていますが)

パート5の成長法の理想としては

スタート

⇒文法知識そこそこ
⇒アビメそこそこ

⇒体内時計を構築しつつ(昨日の内容)
 時間をかける問題と時間かけない問題の瞬時の判断(今日の内容)

⇒日々の鍛練で慣れる(パート5=13分くらい、パート6までで20分以内)

⇒スピードを維持しつつ正確性をあげる(復習とか見直ししっかりしてりゃ大丈夫)

-----(以降は当方が行ってない領域ぇ)-----------

⇒スピードを上げる
⇒正確性を上げる

⇒スピードを上
⇒正確性


以下、無限ループェ・・・orz

------------------------------------------------


結構これ、見る気がします。

consult his email
consultって人を目的語にとってだれだれに相談する
とか良く出るじゃないですか。

E-mailさんに相談しても良いんです。
(実際はE-mailを調べるとか確認するって訳した方が良いとは思いますが)
スポンサーサイト

コメント

トラックバック