TOEICパート4 broadcastあるある(1)

お久しぶりですこんばんは。
今日から少し真面目に行こうと思います。

今日はパート4でおなじみのbroadcastネタその1をお送りします。

パート4のbroadcastといえば天気予報とか交通情報とかが一般的で

天気予報なんかだと
「今日は日中は曇りですが夕方から未明にかけて大雨が降るでしょう。
明日の明け方から日中は前線が通過することで肌寒くなるでしょう。
週末は高気圧に覆われて穏やかな週末となりそうです。」

なーんて感じで目まぐるしく天気が移り変わります。

交通情報なんかだと
「Meji Streetは夕方の通勤の混雑の影響のため多少ノロノロ運転ですが
ほぼ正常に走行できます。495Streetでの交通事故の影響でMeji橋は渋滞しています。
Highway990は工事中のため片側規制中です。」


なんてことはどうでもよくて、
今日の話は大概最後の設問に出てくる

What will listeners hear next?

みたいな設問です。

一見簡単なようですが、私この設問結構嫌いです・・・。

天気予報の場合は選択肢としては
①交通情報
②ローカルニュースとか経済ニュース
③ゲストなど人物紹介系のこと
④CM (advertise)

まあ、たいていはこんなところです。


Stay tune なんて気の利いたワードが出てきたらしめたものですが、
Stay tune for local news by誰々、then なんちゃらなんちゃら traffic update.
That's all coming up after the commercial.
ってまあいろいろと嫌味のように選択肢の単語を続けてくれるわけですよ。
local news の後に traffic updateだなしめしめ
なんて思ってたら最後どんでん返しで「続きはCMの後で(いつものドヤ顔)」
で締めくくられるわけです。
今思えばそんなでもないんですが、一昔前はここに騙されまくりました。

この問題は時を表す単語を瞬時に時系列で認識できないと詰みます。
after, before, followed by, then, nextとか
どんでん返し系はごちゃごちゃ言った後、Now, here is ~とかあったかな確か。


ネタ帳がなくなったので、これはさっき思ったことです。
「昔は良くハマってたなあ」って。
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。