ちょっと辛くなったら読んでほしい記事の紹介 (辛くなかったら読まなくても良いかも)

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
昨日こんな記事がリツイートで流れてきました。

「どのコミュニティにもいる急にいなくなる人の話」
https://note.mu/chiffon_06/n/nfd817765d640

基本的にリツイートはほぼ全て脳内スルーするタイプなんですが、
珍しく目に止まったのでかなり興味深く読みました。
この書き手はライターなのか、文字を読むことが大嫌いなコテコテ理系脳の自分でも
内容を把握しながら情景を思い描きながら読むことが出来ました。



読み終えた感想としては
「どのコミュニティにもいるな(どれとは言わないけど(笑)」
と感じましたね。



最近は自分が話しかけづらい人間になってしまったようなのであまり個別にはありませんが、
それ以前には去って行く直前にアラームをあげてくれる人が軽く10人くらいはいたと思います。
その中にはまだ個別に連絡をくれる方もいます。

個別にではなくともタイムラインでアラームをガンガン出している人はぶっちゃけ今も結構いる。
その人たちの背後に引用の記事で言われているところの「限界の影」が忍び寄ってるのは良く見て取れます。
でも今までの経験から「最後の一滴」が落ちる前にコップの水をすくい取ることはほぼ出来てないのが申し訳ない。

そして以前ならお節介にいろいろ絡んでいたが、最近は自分にそこまでの余裕がなくなり、
コンタクトが疎かになっているが、重ね重ね申し訳ないm(_ _)m




と自分に悲観するのはここではいったん置いといて、なぜ急にいなくなる人が出てくるのか考えてみる。

理由としては引用の記事の原因とは他にもう一つの原因(今回の主題ではない)があって、
大きく2つあると思っている
1.他にやるべきことでいっぱいいっぱい。もしくは他に楽しいことが出来た。
2.(今回の主題はこちら)コミュニティに嫌気がさした。
というよりはコミュニティにおける自分の理想像と現実像の乖離に嫌気がさした。



ではなぜ2.のパターンがあるか?
それは引用の記事の「100点満点の〜」「60点の〜」
このあたりが大きなヒントだと思う。

100点満点を目指すのはもちろん大切だし自分なんかはそのつもりでやってはいるが、
一方で100点を出せないことで精神が病むようじゃいけないし、本末転倒な生き方だと思います。

ちょうど先週の金曜日の夜中に席にGMが遊びに(仕事の邪魔をしに)来たので、
自分もこんな性格なもんだから軽く自分の抱えている現状の課題についてGMにグチグチと愚痴を言ったわけです。

返ってきた答えはこうでした。
「我々開発部門は今全部やらずにここまでやって製造に全部丸投げし、続きはまたその後で考えていけばいい。
100点を目指す気持ちは大切だし、あなたがその性格なのは知ってるけど(実態はそういうフリをしてるだけだがな!)、
今100点を目指す必要はない。60点,70点で丸投げして100点を目指すのは後にすればいいんだ」

かく言う自分もこんな話をして多少楽になったばかりなのでした。(だが仕事は全然減るわけもない(-_-)




話を戻して、かつての自分に対してくれた悩み相談で圧倒的に多かったのは、
「誰かと同じ目標を持ってその通りに出来なくて誰かと比較して『あーいやだ』」
簡単にいうとほぼ全てこれです(笑)
(特別な事情の人も中にはいましたが

「あの人みたいにできない!」
ってできるわけねえだろ!(=゚ω゚)ノ自分はあの人じゃねえんだから!
逆にあの人だって自分のようにはできないんです。
これで楽になりませんかね?

ダメなんですよね、大抵の人は



良く言うんですが、
「自分の目標は自分で決めたものですか?なぜ自分がその目標を掲げているのですか?」
「誰かと同じ目標だとしたらそれを達成した時にあなたにどんな良いことがあるのですか?
あなた自身に何が残るのですか?」
何かモヤモヤしてる人がいたらこれを今一度考えて欲しいです。

「100点満点」と先ほどから書いてますが、この100点という数字
「誰がどういう根拠で決め、自分にとってどういう意味を為すか」で全く違ったものになります。

他人の意思が入った100点を目指すから他人と比較して変になってしまうんです。
自分が自分の考え方に則って決めた100点なら例え他人と比較することがあってもいろいろと割り切ることができるし、
素直に自分の反省点と改善点を見つけられるものです。
(言うまでもなくこのブログでいう100点はTOEIC990点の意味ではないので念のため)


とにかく何事もやりたいと思う事であればやめてしまうよりはダラダラとでも続けることが大切です。
やりたいと思わなくなったらきっぱりとやめるべきなんですけどね。
ま、それはオレが寂しくなるので今ここでは言いません(笑)

ツイッターでは歯切れの良い言葉が並んでます。
これはこれで大切ですが、無理に合わせる必要はないし、
ぶっちゃけ真に受けすぎない方が良いです。
歯切れの良い言葉の一つ一つに影響されてたら大抵は身が持ちません。
TOEICもツイッターもダラダラ続けるためにどうしたら良いかを第一優先で考えて頂けたら幸いです。
(オレが寂しいので(T_T)

TOEIC L&R テスト でる模試リーディング700問の感想と最近気付いたこと(パート7)

にわかに始まった娘の親離れにショックを受けた影響からか
2週間ほど前はインフルエンザにかかってしまい、
その次の週(先週)は仕事でボコボコにされてた者ですオッスオッス!

金土日と3日連続8-9時間くらい寝たんで今日は遅くても元気です。
ようし!お父さんブログ書いちゃうぞ~!

というわけで2週間前から表題の本(画像一番右の白いの)を
1日1セット解きながら通勤しておりました。
途中インフルエンザで数日できませんでしたが、
ようやく終わりましたのでこの本の感想です。

IMG_3537.jpg

まだ復習はほとんど未了状態なので解いた感想です。
復習は今週ボチボチと進めようかいつの日かに回そうか考え中です。

全7セットを通して、総合的にこんな感じです

パート5
新型式っぽくない印象だが、
高得点者にはオススメだし自分は結構好きな感じです(← *個人の感想です)
でも正直普通の学習者には全くオススメできません。
他の本をやりましょう。
(本書は解説がないので普通に普通の学習者にはオススメできないのかもしれませんが(笑)


パート6
パート5よりはオススメです。
というか普通に普通のパート6の問題が入っていると思うので、
普通にオススメです。←何言ってんだこいつ・・・

パート7
多少難しめな印象はありますが、個人的には昨今の公開テストに比べると
かなり良い感じの難易度かなと感じました。
何気にオススメな感じです。
トマト(下画像の左下の水色のやつ)よりはちょい難だと思います。
IMG_3545.jpg


TOEIC L&R テスト でる模試リーディング700問の話に戻ると、
この本は韓国ハッカーズが出典なのは書いてあるのですが、
どうも旧型式の本から基本は持って来ているようですね。
で、新形式の問題だけ新たに追加したという感じのようです。

だからパート5はなんかレトロ調(笑)な感じがして、パート6は普通な感じ。
パート7は多少レトロで難しい文章があったのかなと思います。


さて、今年になって(あまり復習せずに)20セットくらいリーディングをやってみて
パート7について少し気づいたことがあります。

パート7の文章を読む時に
「設問になりそうな箇所を意識して本文を読む」
ように心掛ける練習をすると良い気がしてきました。

いや、ぶっちゃけそれはわかってたんだけど、
具体的にどうしたら出来るようになるかあまり実感できないままでいました。

自分はパート5はこれまである程度演習をこなしてきたので、
およそパターンがわかっているので出題ポイント等はわかることが多いのですが、
パート7も同様に演習をたくさんこなすことで本文を読んでいるうちに
出題ポイントがわかってくるようになるんじゃないか
と思ってきました。
最近復習あまりせずに解きまくってるだけですがそんなことがわかってきました。
というお話でした。

今度、演習をたくさんこなしている人に聞いてみたいと思います。


文章を皆で読んでみてどこが設問になりそうかのブレストとかやってみると面白そうですね?
面白くなさそうですかね?(;´Д`)←需要なさそうですね?

ま、いつか機会があったらやってみましょう。とりあえず一人で・・・(笑)


●ここからが本題

金土日って滅多にできない贅沢三昧をしてしまいました(猛省)

金曜日は某TOEICerさんと湯葉と豆腐
IMG_3578.jpg


土曜日はCHEESE CRAFT WORKSでチーズっ腹を体験
チーズケーキが新感覚でした!
IMG_3580.jpg

IMG_3581.jpg

IMG_3586.jpg

IMG_3588.jpg


にく
IMG_3590.jpg


日曜日はラーメン(濃厚白湯)
超濃厚白湯ファンの自分も驚くほど超濃厚でした!
IMG_3595.jpg

すし(最後は家で・・・)
IMG_3598.jpg


おかげさまで今朝、腹がピーピーいってました・・・orz
今日からは質素にやっております・・・ごめんなさい

第217回TOEIC公開テスト(2016/1/29実施)の感想

今年初TOEIC公開テストお疲れ様でした。
需要はありませんが備忘録を書いておきます。
(そこのあなた!備忘録にもなってないとか言わない(-_-)

パート1 普通
とはいえ、一問あやしいんですが(-_-)

パート2 難しすぎるだろいい加減にしろ(棒読み)
だいぶ慣れましたが聞こえてもようわからん・・・(-_-)
的な問題が多数
(いつもより多かった気がする)

パート3 普通
んまあこんなもんじゃないかな?
いつもより難しかったというほどでもないし、
易しかったということは決してない。

パート4 普通
ここまで来るとおじさんにはようわからんちん・・・(白目)
いつもに比べて可もなく不可もなく


パート5 普通 7分くらい
一問くらいなんか不安な問題があった気がするけどそんな程度だったかなと
いくつか良い問題を記憶してたんですが忘れました

パート6 普通 7分くらい
パート6はいつも単なる穴埋めの箇所で悩む問題が2問くらいあるんですが、
今回は穴埋めは悩ましいのはなかった印象です
文挿入は迷ったのが2つあったので相殺されて普通判定

この時点で14時ぴったりでした


パート7 SP 普通14:00〜14:28
もちろん悩ましい問題はあったものの、落ち着いてゆっくりを意識して読んだ効果か、
そんなに失態はしてないだろうと思われる
文挿入の1つはちょっと難しかったと思う

パート7 DP 難しい 14:28〜14:40
DPは一気に難しくなった印象
ここは自信がない問題が結構あります
それでもまあそこまで悲惨でもないだろう

パート7 TP いつもに比べると普通〜易しいかも 14:40〜「終了時刻となりました」まで
TPそのものは当然面倒ですが、
いつもに比べるとだいぶ難易度は緩和した印象でした。
ただ200はほとんど塗り絵に近いです(-_-)

言い換えは以前見たことあるやつだった気がするけど、
今回はあまり難しくなかったと思ったたしか(^^;;


このところの2回はパート5,6を終えた後にTPの196のセットから始めて、
順々に下ってくるという方法を取っていたのですが、
11月はそこそこ上手く行ったものの、
12月は大惨事になったので今回は101から200まで順番にやっていきました。
自分はやはりこのやり方の方が安定するなと実感しましたね(^^;;

(ま、人生なんてトライアンドエラーですよ(^^;;←言い訳

この2か月ほど狂ったようにゲームしてたことを考えれば
よくここまで戻せたなと感じた一戦でした←思想が低すぎる(-_-)

というわけで、いい加減リスニング強化期間を設けないとアカンねんけど、
なかなか家にいる時間が短いといろいろ出来なくてですねえ・・・←言い訳第2弾


今年初の外で店飲みを猛省会で行いました。(あー酔っ払った〜!)
いろんな理由で今日は非常に有意義でしたね 。

20170129215426170.jpg

2017012921542904a.jpg
miyaさんから頂いちゃいました。あとペヤングのチョコ味も(≧∇≦)

今日は結構集中できた方。
また次に繋がるかなと感じました。
受験できて良かったです(´Д` )

明日1/29は第217回TOEIC LR公開テストです (みんな知ってるリマインダー)

昨晩久しぶりにFF15を起動してみたら
アップデートがあったので明日からまたちょっとだけやるかもしれませんが、
基本的に11/29からスタートしたff15も終わりまして、
終わった途端にTOEIC熱が戻って参りました。

去年は正直一年を通じてやはりそれまでに比べると
だいぶTOEIC熱が下がっていたなと感じております。

ま、かつてのように戻ることはないと思いますが、
今回は久しぶりに受験楽しみだなというところまで戻りました。

なんというんでしょうね、また新たな気持ちというか。
2か月近くゲームにどっぷりだったのも悪くなかったのかもしれません。

皆さんもマンネリを感じているならば
一度他のことにどっぷりハマってみるのもいかがでしょうか?

(でも戻ってきてね←悪の誘い

やっぱりね、自分にウソをついて
「TOEICやらなくてはいけないからやるんだ!」とか思ってもダメですよ。
人間そんなにうまく出来てるもんじゃない。
自分の中から湧き上がる気持ちなり目標なりがないとモチベーションなんて上がるわけない。
他の人に合わせたってそんなのはまやかし。
他の人に合わせることがモチベーションの人もいますが、
その他の人の行動でモチベーションが左右されるので
そんなもんあぶなっかしいなんてもんじゃない。

かつてからそうだったけど、
結構そういう人を見てきたので一度自分を見つめなおしてみるのもいかがでしょうか?

TOEICの飲み会に行きたいから。とかだって別にいいんですよ。
みんなのように真面目に取り組まなきゃいけないわけじゃない。
ただある程度知らないと当然飲み会の場が苦痛になるわけで・・・(笑)
(みんなのように。というのは人それぞれかなり解釈異なりましょうが(笑)


というわけで、明日は公開テストなわけですが、
今回はゲームが終わってこの1,2週間ほど
最近買った千本ノックと全方位とトマトを中心に仕上げて来ました。
結構このところ毎日しんどくて昨日も帰ってぶっ倒れてしまったのですが、
それでも通勤中は自然と勉強出来ましたね。
しばらくこういう気持ちはなかった気がします。

千本ノックは先日ブログに書いた通りです。
全方位は復習しながらやっておるので結構時間かかっておりまして・・・
あと1/3ほど残ってます
トマトリスニングは・・・正直あまりやってないけど(笑)・・・TES1,2まで・・・
トマトリーディングはTEST9まで

今日は昼から夕方まで娘が友達と遊ぶようなので、
またヒマ人ぶっこくことになりまして・・・
この時間に仕上げようかと思います。


IMG_3537.jpg
↑千本ノックと全方位 (白いのはまだやってません)

IMG_3545.jpg
↑トマトは左の赤と水色のやつ (VとYBMはやってません(^^;;)


リサーチによると自分の周りでは明日は受験しない方が多そうなのですが、
皆さん!明日頑張りましょう!

TOEIC LR 千本ノック新型式対策 難問・ひっかけ・トリック問題編 + 猛省会の話

このシリーズ(←ブログの話ね)あまり評判は良くないみたいなのですが(^^;;、
桃色青色も書いてしまったので仕方なく続きを書きます・・・

もうしばらくブログ書かなくていいや・・・(笑)
でも今やってる全方位P5,6はかなりイイ!ので書きたいと言えば書きたい
(でも時間的に無駄なのでやっぱり書きたくない)


さ、では白帯ですね。




これは正直言っていいですね!(意味深な意味で)

1-1. over = ~よりも (これはどこかで見たことありますね!)

1-2. award O Oの語法もあるのでその受動態と間違えやすいが、
この場合は「人に物を与える」という意味なので、
意味がおかしくなるのでダメですね。
withが結果的に重要なのですが、上記のようなアプローチも必要かと

1-3. do not often = 頻繁には~しない(これもどこかで)

1-5. a varied ~(単数形)
これも自分は直接見たことないが、
ツイッターで目にしたことがあるような気がします。
various + 複数形

1-7. more than enough +複数形 = 十分すぎるほどの~

1-8. このindeedもどこかで(以下省略)

1-9. 一見どれも入ってしまいそうだが、後半のtwo companiesを見て選ぶ
こういう文脈にヒントがある問題もたくさんありますね

1-11. give O O
第4文型の直接目的語を選ばせる問題ですが、
第4文型と第5文型はしつこいほど意識して読む!(←大切な事なので何度でも

1-13. acquisitionは「買収」も大事ですが、「入手した物」とか言う意味も大事です
assumeは「引き受ける」が大事ですがこのような文章でも使えるんですね

1-17. contrary to ~ = 「~とは反対に」は良く出ますが、
be動詞の後ってのがあまりないですね。
大した差ではないがこういうので意外と迷ったりしますよね!

1-18. prerequisite = 必須条件←忘れてました!(猛省)

1-20. not quite ~ = 「完全には~でない」 どこかで(以下省略)

2-1. amid ~ = 「~の最中に、真ん中に」 どこかで(以下省略)

2-3. thoseはここではvehiclesなんですね
butを普通に接続詞だと思って答えたらダメなんかな?(疑問)

2-6. これも一見どれも入りそうで難しいが、previouslyがあるからlikewise

2-7. viewとsightの問題はどこかで見た気がしますが、悩ましいですね
一応以下にリンク貼っておきます
その1
その2
その3
なるほどわからん・・・状態なんですが(笑)
要はviewは「特定の位置からの眺め」sightは「どこから見ても同じ全体的な光景(状況)」
と思っておけばいいかなと思います
たぶんこんな感じで大外ししてないはず


2-10. bring O with herのOが後に出てきている形ですね
(こういうの結構あるので重要)
established client = 既存顧客

2-15. riseは自動詞だと覚えておけばたぶん間違えないでしょう(笑)
自動詞は自動詞として記憶すると良いというのが自分の持論です。他動詞は覚えない。

2-21. keenly aware that

3-6. 最上級 + ever = これまでで最も~な

3-8. be to do の使い方まとめは参考になりました

3-17. 桃色か青色でもありましたが、この問題も会社名が3人称であることに注意

4-2. 会社名にsがついている場合は要注意
自身の勉強会でも出したことありますが・・・(^^;;

4-3. the most は名詞(代名詞)=「最大限、最大量」もありますが、
この場合は「the most (things←省略)」の方が良いかなと思います

4-4. これも青本で似たような表現でわからなかったところですが、
date it is writtenの文法的解釈が難しいですね
おそらくtimeやwayなどと同じく、接続詞的に解釈すると良いでしょう
関係代名詞的に考えると文法的解釈が難しくなってしまいます
time/wayの後にS+V(完全な文)を続けて、「SがVする時/方法」などと訳すと良い

4-12. ここはprecision toolsではないです・・・(おかげさまでこの手の問題覚えた!
little competition なのでcompetitionは不可算名詞だとわかります
(ってだいたいわかるか?(笑)

4-14. これも会社名にs

4-16. be returnedを見た瞬間にわからなければいけません

4-17. positively = 疑いようのなく、間違いなく
問題は消去法で解けますが、結構難しいかもです

4-18. late ~ing = ~するのに遅れる

4-19. employ = 採用する

4-20. moveは他動詞もあるので迷いますが、
「引っ越す」などの意味では自動詞で、未来を示す現在進行形ですね

4-21. anymoreを見て否定的な単語が入ることが感じられますね

5-4. TOEICばかりやっているとカンマでこの文が接続可能な理由がわかりませんね(笑)
誰かおせーてください

5-7. この問題は動詞問題の大原則の「態⇒主述の一致⇒時制」の順に
考えないといけない
問題ですね。
ここでも未来の意味を込められている進行形が用いられています

5-11. 青本で書いたprecision toolsが出てきましたね

5-13. 後ろのwhoで人だと気づかないといけません

5-15. career in law = 法律家としてのキャリア (inを使う)

6-3. only to do ~ = ただ~するだけの結果となる
この問題はかなり難しいと思いました。

6-8. のあたりにinform O Oが出てきたんだけどあまり見たことない気がしますね

6-9. in terms of = ~の点に関して
これもちょっと難しいかな

6-13. のあたりにbring O to my attention のOが後に出てきている文がありますが
これは結構良く見かけるパターンですね
「私の注意にOを持って行く」 ⇒ 「私に知らせてくれて」くらいの意味で良いかと


というわけで千本ノックは終わり。

今日来た本たち(上段のみ)
下の2冊はmiyaさんから以前いただいたものです。
上段の一番右のは旧型式でした~残念!
IMG_3545.jpg


あとは猛省会のお知らせです。(コピペ)
第217回TOEIC LR公開テストパート8猛省セクション(1/29)
1/29 16:30~17:00開始で山手線沿線のどこからへんで行いたいと思います。
所要2,3時間で途中入場、途中退場OKです。お気軽にどうぞ。
基本はただの飲み会ですm(_ _)m
興味ある方、参加される方はなんらかの方法で私に連絡お願いします。

現在11名です。
ただTOEICの話してるだけの(変な人たちの)集まりなので
参加迷ってる方は是非連絡下さい。
これを見て迷っているそこのあなた!(そう。あなたです。あなたが迷ってるのはわかってます)
連絡お願いします。

迷ってそうな方は個別に連絡するかもしれません(笑)



というわけで今週末はFF15を終わらせて、部屋を片付けて、
TOEICの音源をしこたまiPhoneにぶちこんだので、
今晩からリスニングも含め、総動員でTOEIC頑張るで!