3/25 ラビット先生の模試復習勉強会に緊急参戦!

3/25はラビット先生の模試復習法勉強会
2ヶ月くらい?前から元トーイッカーの会(仮称)に呼ばれてたので
そちらにお邪魔させて頂きまして、ダブルヘッダーな1日となりました。

まずラビット先生の模試復習法勉強会ですが、
実は前日3/24に緊急参戦させて頂くことになりました。
前日の3/24に無性に飲みたい物(=焼きチーズカレー)が思い浮かんだので、
酒もついでに一緒に飲んでたらいつのまにかそういうことになってまして、
自分の酒癖の悪さに感心するばかりです。
(帰って嫁ちゃんにボコられたのは言うまでもありません)

↓コレが食べたくなったねん
IMG_3642.jpg


さて、本題の模試復習法勉強会ですが、
まず内容といたしましてはパート5,6を数題解き、
その後チームになってディスカッションを行うというものでした。
さらに言うと、私めじやんはそのチームのまとめ役みたいな役を与えられ(←実際は大したことできなかったが)、
コミュ障を遺憾なく発揮してきたわけでございます。

チームディスカッションってどうなのかなと最初は思ったのですが、
今回の勉強会はスコアが発展途上の真面目な方々ばかりだったので、
様々な質問や不明点が出てきました。
他の方の不明点を聞いて初めて自分がどうやって解いたのか
気づいた部分もあって非常に勉強になりました。

例えばパート6で
we would like to remind passengers to be ------- to others・・・
という問題があって、文法や慣用表現的に他に選べる選択肢はたくさんあるんですが、
この問題ではothersが人だと気づかないとすごい難しい問題と化すんだと、
ある方からのここが良くわからないという質問を聞き出してみて初めてわかりました。

自分は自然とothersは人だと思ってたのですが、
改めて説明を要求されるとなぜ人なのかを説明するのは大変に困難です。
結局は後を読めばわかるのですが自分の説明の甘さも認識しました。


そのあとに一問ずつラビット先生が着目ポイントを説明してくれる時間があるのですが、
もうずっと前から何度も聞いてるのでいつも通りの感想なのですが、
いやはやよくもまあスラスラといろいろな話が出てくるわ(´Д` )(←これは感動しておるのです
言われて「あ〜そうそう!」って思えることはたくさんあれど、
あれを全て最初に言い放つことは僕には出来ません。
今までいろいろな人を見てきますがあれが出来るのはラビット先生だけですね。
これはほんとマジです。
ラビット先生の話を聞いたことない人にとってはTOEIC興味無くても
普通に伝える技術を学びに行くという目的だけでも意味があると思うくらいです。


ちょっと持ち上げすぎましたが・・・(笑)
そのあと少し電子辞書の話やオススメ書籍の話がありました。

自分は電子辞書を持ってないので(紙のもないけど)
話を聞いてたら買いたくなってきました。(もしかして、ラビット先生ってテレビショッピングの人?(´Д` )

次にパート7についても同様に行って会は閉幕しました。
というわけでまたやって下さい!( ̄^ ̄)ゞ←でもまとめ役はもう勘弁で_| ̄|○
↑やれと言われたらやりますが←やるのかよ!

というわけで、紹介用にラビットさんに貸したイクフン水色本を置いてきたまま次の場所へ・・・
(次は懇親会も参加します!( ̄^ ̄)ゞ

第218回TOEIC® Listening & Reading Testの感想とかいろいろ

昨日は公開テストでした。

感想をつらつらと書こうと思います。

フォームは秘宝Mフォーム!(死語)
じゃなくて、お姉さん?が引き出しを覗いているフォームです。

パート1 普通
特に変な問題はなかった印象です。
あー、一つこれそんな言い方するんか?ってのはあったけど、
基本的に他が全然違うからわかるって問題が多かったので大したことはなかったです。

パート2 普通
従来比という意味ではそんなに難しくなかったと感じましたが、
はっきりと返さない問題(←なんて言うの?変化球?おせーて!
が多かったとあの方やあの方が言ってました(´Д` )
確かに僕自身も変化球的な問題は多かったとは思いました。

昨日からツイッターとかで話題になっている問題は他が全然違うので、
問題としてはそんなに難しいとは思いませんでしたが←ほんまか?(´Д` )

パート3 普通
今回はパート3はリズム良くできましたが・・・(続く)

パート4 死んだ
パート4はページめくったあたりからの6セットくらいがもう全然ダメでしたね。
完全に耳が30分過ぎて機能しなくなっていきまひた・・・(´Д` )
ついでに目も脳みそも白くなって行ったのでした・・・



                            



全然関係ない話、パート3に会議の流れみたいなチャートのグラフィック問題がありましたが、
あんなゆっくりアイテム考えて会議やるもんなのかな・・・って思ってしまいました。
我々は基本、結果出たらすぐ会議なんで・・・

あとパート4にラーメンの作り方インストラクションのグラフィックがありましたが、
あれでラーメンを食べたくなって集中力が切れたのは言うまでもありません・・・_| ̄|○


気を取り直して・・・(←直んねーわ!(=゚ω゚)ノ
リーディング行きましょう


パート5 普通 7分
普通と書いてますが、初中級者には相当な骨ありの回だったと思いますよ。
自分もたぶん間違えてるところあるんじゃないかな(´Д` )と思いますが、
自分は正直1,2問止まる程度で基本サクサク進められました。←大丈夫なのか?

パート6 普通 9分
こちらはかなり時間を食いました。
文挿入もいくつか迷いましたし、仮定法のところがかなり意味不明でした。
そして間違えたのでした・・・(昇天(°_°)

パート7SP 普通〜ちょい難 14:03〜14:28
あまり難しい印象はなかったのですが、なぜか気づいたら時間は結構かかった気がします。
パート6の終了が遅かっただけかな?
文挿入で一つ難しかったのがあった気がする。
最初に入れるか最後にいれるかだとは思うが(´Д` )

パート7DP 普通とむずいの2セット 14:28〜14:40
一つ目はかなり簡単で、二つ目がかなり難しいという
なかなかのっぷりでしたね
(え?どっちが紅でどっちが白かわからんが?(´Д` )

パート7TP 普通の人は普通かもしれないがオレは白目昇天(°_°) 〜15:00 (終了1分前に完)
当然ながらアップアップしてるのできちんとは記憶にないが
6分.7分ずつでいけたと思います(←合っているかどうかは・・・これはもうわからない(´・_・`)

言い換え・・・記憶なし←おめえほんとなんも覚えてな・・・つっかえねえなあ!(*`へ´*)(憤慨)



というわけでつらつらと書いたのでテスト終了後は猛省会♡に行きました。

先日の発表では終了の回は今回じゃなくても良くて、次かその次かの可能性もあったんですが、
花束もらっちゃったんで今回で最後にすることにしました(T_T)

みなさんこれまでありがとぉ〜(T_T)/
IMG_3628.jpg



嫁ちゃんマンに活けられるHANAさんに頂いた花たち(ダジャレではない)
IMG_3631.jpg



たかさんがいつのまにかご自身で注文してくれたお祝いのケーキ
(こちらがサプライズでした・・・すみません最近そういうのやってなかったので・・・)

おめでとうございました!
IMG_3629.jpg






って、最後くらい真面目にやろうか。

この会はたくさんの参加者の方々がいたからできました。
去年の1月から初めて終始10人越え(最後初めてジャスト10人でしたが(笑)
一時は20人弱にまでなることがありました。
これまで参加してくれた全ての方々にお礼申し上げます。

そして、途中お手伝い(というか実質影の運営者)をして頂いた
HANAさんともぴーさんには本当に感謝しています。
後半は主にmiyaさんに協力も頂きました。
心からお礼申し上げます!


前回も書きましたが、別に飲み会とか勉強会に参加するのは
全然どこにでも行きますので(←飲みたいので~)
何かあった際はお気軽にお声がけ下さい。

でもとりあえず4月の公開テスト後は一昔前みたくテスト後に娘と小金井公園で遊びたいと今は思ってます
(最近は親離れしてきたので予告なく変更の場合があるので(T_T)お気軽にお誘い下さい(T_T)/

第218回TOEIC® Listening & Reading Test迫る! + ちょっとしたお知らせ

さて・・・
第218回TOEIC® Listening & Reading Test
明日やってきますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?←この人は二日酔い


今日は娘が学校なので起こされまして、
送ってから嫁ちゃんさんとこれからどうしようかなあ( ̄ー ̄)
ってなってるところです←ブログ書いてるヒマあんのか?


今日は可能な限りリスニングをしようかと思います。
このところはずっと「聞く」に特化してきました。


この前の英語部の勉強会で一つ自分の中でやっていかなければならないなと気づいたことは
誰かが言ってたんですけど、
「英語を英語のまま理解する」
ということです。

これは頭ではなんとなく理解していたけれども、
なかなか実践は難しかったですが、今回は意識してこれに取り組んでおります。
(引き続き継続します)

本気で英語のまま理解しようと思って気づいたことは(←本気でやるの難しいが?(笑))
ストーリーは結構追えるけども、細部の情報を聞き漏らす。もしくは覚えられない。
という現象が発生していることに気づきました。

なので細部の情報を英語のまま理解できるように意識して、
ストーリーは頑張らなくても追えるように訓練していくことが必要だなと感じました。
具体的な方法はまだ思いつきませんが、まずは意識レベルでやってみようかと思います。



前置きが長くなりましたが、ひとつ大切なお知らせがございます。
TOEIC L&R 公開テスト猛省会は(たぶん今回でもしくは次でもしくはその次で?)
終了しようかと思っております。
たぶん今回で終わると思いますが・・・(;´Д`)

これは今思い付きで言っているのではなく、
もう半年も前(10月くらい)からずっと思っていたことです。


理由は正直いろいろたくさんあります。

自分がこの会を開催するにあたって、
良いこともたくさんありましたし、嫌なことも正直ありました。
メリットもありましたし、犠牲にしている部分もありました。
期待されている部分も感じてましたし、自分がやらなくても良いと感じる部分もありました。
(追記:念のため頻繁に参加されてる方は良い人ばかりでしたと強調しておきます)

半年間ずっとこの両極が天秤でつりあっていた状態が続いておりました。


最終的にトリガーとなったのは些細な事です。
先週Akiさんの勉強会に参加してちょっと酒を飲んで早めに(19:00くらいに)
家に帰りましたが帰った時に嫁ちゃんと娘が
「おっせぇ~ぞぉ~(´Д`)」とチンピラのような振る舞いで(顔は笑顔で)出迎えてくれた時に
「もうやめよう」と本当に思えるようになりました。

なんでなのかよくわからないんですけどね。
単純に家にいたいってわけでもないと思うんですけどねえ・・・
(↑昨日22:00前くらいから飲んで、家着いたの午前様だからなあ・・・説得力ないよなあ・・・(;´Д`)

ま、これを書いている今もスッキリとした気持ちでブログを書いています。
結局自分がこういうのをやるのに向いてないんだと思います(笑)


猛省会の終了についてはほとんど事前に誰にも話さずに決めましたが、
びっくりした方や悲しんでる方本当に申し訳ありません←そんなヤツいるのか?(´Д`)

でも一人だけ事前に今週の初めくらいに話した人がいます。
この会を引き継ぐ、もしくは新たな会を発足させて頂きたい人にです。
あえて言いませんけど(笑)、去年ずっと猛省会に協力してくれたあの女性です(笑)

ま、ともあれ、どなたかがやってくれた暁には、
僕も・・・毎回は参加しないでしょうけど・・・たまには参加させて頂くかもしれませんし、
引きこもり生活になるかもしれません(笑)
ので、いちおう誘って頂けると大変ありがたく思います。(本当にお願いしますよ!?(-。-)y-゜゜゜

消えるわけじゃないし、TOEICやめるわけじゃないし、
集まり等に全く行かなくなるわけではないので
一応念のため勘違いされないようにお願いしますね・・・( ̄д ̄)


というわけで明日の公開テスト頑張りましょう!\(^o^)/



昨日は3,4ヶ月ぶりくらいに某黒うさぎさんとBMに行きました。
かわいいおかみさんが元気で良かったです(^^)
(パート6特急は近くの本屋で購入)
IMG_3623.jpg

マスター特性の焼きチーズカレー(初めて食べたけど超うま!)
IMG_3624.jpg

また行きます!食べます!

2/25 第20回英語部勉強会「夜まで生トーク!」に参加させて頂いたお話とかいろいろ

2/25 第20回英語部勉強会「夜まで生トーク!」
に参加させて頂きました。

今回が英語部勉強会の最終回ということです。

自分は過去に5回出席させてもらったことがありますので、
今回が6回目で最終回ということになってしまいました。



今回は夜まで生トークということで、
朝まで生テレビ形式で(って言っちゃいますけど)パネラーさんが討論をしていくというものでしたが、
これが実に面白かったです。
個人的には今までで一番面白い回だと感じました。

おそらくなぜかというと、話の主題が決まっていることが一つ。
とても話の流れがわかりやすい。

あとは、上に関連して進行役のみかん星人さんと流水さんがとにかくうまかったと感じました。
このお二人の話の振り方とまとめ方は今回一番参考になりました。
(↑全然TOEICと関係ないところだが?(;´Д`)

あとは、話のテーマと討論形式ということが原因なのか、
皆さんの言ってることが論理的で具体的な表現が多かったので、
非常にわかりやすかったです。
(自分は抽象的な話や精神論とかそっちの方向に持っていかれると
一気に混乱するタイプなので・・・m(_ _)m)

討論の台本はおそらく無しだったと思うので、
パネラーの方々個人個人の準備は相当なものだったと思います。
本当にお疲れ様でした。
面白かったし、今後の参考になりました。



懇親会以降は個人的に「りすこさんオンパレード」の印象でした(笑)
が、彼女を含め、司会と演劇(なんていうんだっけ?)の担当だったDeanさんとHBKさんも
相当いろいろな準備があったと思います。

会場や宴会場の手配をしたMichさん(他にいたらすみません)とか、
会場入りの案内をしてくれた方や、受付の方、カメラマンの方とか
これまで何年もずっと本当に尽力してくれていたために、
我々一般参加者はこれまで有益な情報を得たり、楽しかったりなどの恩恵を受けていたのだなと
恥ずかしながら昨日になってものすごく感じました。



自分は2次会までおりましたが(終電1分前に乗った・・・)
正直、最後の最後まで英語部が今日でなくなる実感が湧いてきませんでした。
帰る時にようやく「あ、本当になくなるんだな」と100%実感できました。



自分は英語部のメンバーではなかったので、
無くなることに対してたぶんメンバーの方々よりは特別な気持ちはなかったと思います。正直言って。
でも「これがなくなったらどうなってしまうんだろう」という恐怖(←ちょっと大げさかな?(笑)
のような感情は少なからず持っています。(部外者なのに余計なお世話なのは承知ですが

自分はこのようなコミュニティに入って勉強を続け、
スコアが良かったときは祝福され(あんまないけど(笑)
スコアが伸び悩んできた時にいろいろな人に励まされてここまでやってきました。

全国のTOEICerが集められるのは英語部の集まりだけなのです。
全国の受験者をつなげることが出来た大きな要因が英語部だったと思ってます。
(次はVOZEさんのTOEIC倶楽部に期待してます!(笑)

もちろん東京で開催されるため、東京の英語部イベントに参加できない方は多々おりますが
英語部の集まりを中心にローカルに輪が出来て行っているという功績も残されたのではないかと思います。
自分は6回参加させて頂き、自分の周りにもたくさんの大きな輪を作ることが出来ました。
自分もイベントに参加できない遠くの方にはオンラインで可能な限り輪を作ろうと努力はしたつもりですが、
皆さん個人個人に輪を作って大きくしていけたとっかかりになったと思います。



心残りとしては2015年の8月には流水さん達から英語部加入の打診を受けましたが
当時は公開テスト後に直帰しなくてはならなかったことや(今は全然平気ですが・・・笑)
自分が貢献できる場所が見いだせるかわからなかったこと、
その打診を受けた日の朝に転職の打診も受けていたのでそっちで頭がいっぱいいっぱいだったことが
理由で快い返事が出来なかったことだけ今でも申し訳なく思っております(これはウソのような本当の話です)

てかぶっちゃけ、わたくし組織の一員になるのが不適合者なんで・・・orz



昨日はいろいろショッキングな話がありましたが、
僕個人も「もう潮時かな」と思うことが最近だいぶ増えてきました。
やめる決断ってかなりの葛藤を経ないとなかなか難しいはずです。
なので、話を聞きながら自分はまだ葛藤中であるうちは
もう少し輪を育む活動を続けてみようかなと思いました。逆に。
この前あんなブログ書いちゃったしね(笑)
やめるのはいつでもできるから←こういうヤツが一番やめない(笑)



というわけで、その一環として3月の公開テスト猛省会を行いますので、
参加希望の方はなんらかの手段(ツイッターかメールか郵便か直接)で連絡お願いします。
3月12日(日) 17:00くらいから
たぶん山手線の西側の一番デカい駅付近(笑)

4月公開テスト申し込めよ←自分にメモ

それでは私ももう少し頑張ります

(追記:昨日の頂き物)
IMG_3609.jpg

ちょっと辛くなったら読んでほしい記事の紹介 (辛くなかったら読まなくても良いかも)

  • カテゴリ:独り言
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
昨日こんな記事がリツイートで流れてきました。

「どのコミュニティにもいる急にいなくなる人の話」
https://note.mu/chiffon_06/n/nfd817765d640

基本的にリツイートはほぼ全て脳内スルーするタイプなんですが、
珍しく目に止まったのでかなり興味深く読みました。
この書き手はライターなのか、文字を読むことが大嫌いなコテコテ理系脳の自分でも
内容を把握しながら情景を思い描きながら読むことが出来ました。



読み終えた感想としては
「どのコミュニティにもいるな(どれとは言わないけど(笑)」
と感じましたね。



最近は自分が話しかけづらい人間になってしまったようなのであまり個別にはありませんが、
それ以前には去って行く直前にアラームをあげてくれる人が軽く10人くらいはいたと思います。
その中にはまだ個別に連絡をくれる方もいます。

個別にではなくともタイムラインでアラームをガンガン出している人はぶっちゃけ今も結構いる。
その人たちの背後に引用の記事で言われているところの「限界の影」が忍び寄ってるのは良く見て取れます。
でも今までの経験から「最後の一滴」が落ちる前にコップの水をすくい取ることはほぼ出来てないのが申し訳ない。

そして以前ならお節介にいろいろ絡んでいたが、最近は自分にそこまでの余裕がなくなり、
コンタクトが疎かになっているが、重ね重ね申し訳ないm(_ _)m




と自分に悲観するのはここではいったん置いといて、なぜ急にいなくなる人が出てくるのか考えてみる。

理由としては引用の記事の原因とは他にもう一つの原因(今回の主題ではない)があって、
大きく2つあると思っている
1.他にやるべきことでいっぱいいっぱい。もしくは他に楽しいことが出来た。
2.(今回の主題はこちら)コミュニティに嫌気がさした。
というよりはコミュニティにおける自分の理想像と現実像の乖離に嫌気がさした。



ではなぜ2.のパターンがあるか?
それは引用の記事の「100点満点の〜」「60点の〜」
このあたりが大きなヒントだと思う。

100点満点を目指すのはもちろん大切だし自分なんかはそのつもりでやってはいるが、
一方で100点を出せないことで精神が病むようじゃいけないし、本末転倒な生き方だと思います。

ちょうど先週の金曜日の夜中に席にGMが遊びに(仕事の邪魔をしに)来たので、
自分もこんな性格なもんだから軽く自分の抱えている現状の課題についてGMにグチグチと愚痴を言ったわけです。

返ってきた答えはこうでした。
「我々開発部門は今全部やらずにここまでやって製造に全部丸投げし、続きはまたその後で考えていけばいい。
100点を目指す気持ちは大切だし、あなたがその性格なのは知ってるけど(実態はそういうフリをしてるだけだがな!)、
今100点を目指す必要はない。60点,70点で丸投げして100点を目指すのは後にすればいいんだ」

かく言う自分もこんな話をして多少楽になったばかりなのでした。(だが仕事は全然減るわけもない(-_-)




話を戻して、かつての自分に対してくれた悩み相談で圧倒的に多かったのは、
「誰かと同じ目標を持ってその通りに出来なくて誰かと比較して『あーいやだ』」
簡単にいうとほぼ全てこれです(笑)
(特別な事情の人も中にはいましたが

「あの人みたいにできない!」
ってできるわけねえだろ!(=゚ω゚)ノ自分はあの人じゃねえんだから!
逆にあの人だって自分のようにはできないんです。
これで楽になりませんかね?

ダメなんですよね、大抵の人は



良く言うんですが、
「自分の目標は自分で決めたものですか?なぜ自分がその目標を掲げているのですか?」
「誰かと同じ目標だとしたらそれを達成した時にあなたにどんな良いことがあるのですか?
あなた自身に何が残るのですか?」
何かモヤモヤしてる人がいたらこれを今一度考えて欲しいです。

「100点満点」と先ほどから書いてますが、この100点という数字
「誰がどういう根拠で決め、自分にとってどういう意味を為すか」で全く違ったものになります。

他人の意思が入った100点を目指すから他人と比較して変になってしまうんです。
自分が自分の考え方に則って決めた100点なら例え他人と比較することがあってもいろいろと割り切ることができるし、
素直に自分の反省点と改善点を見つけられるものです。
(言うまでもなくこのブログでいう100点はTOEIC990点の意味ではないので念のため)


とにかく何事もやりたいと思う事であればやめてしまうよりはダラダラとでも続けることが大切です。
やりたいと思わなくなったらきっぱりとやめるべきなんですけどね。
ま、それはオレが寂しくなるので今ここでは言いません(笑)

ツイッターでは歯切れの良い言葉が並んでます。
これはこれで大切ですが、無理に合わせる必要はないし、
ぶっちゃけ真に受けすぎない方が良いです。
歯切れの良い言葉の一つ一つに影響されてたら大抵は身が持ちません。
TOEICもツイッターもダラダラ続けるためにどうしたら良いかを第一優先で考えて頂けたら幸いです。
(オレが寂しいので(T_T)